トリマ(アプリ)は怖い?裏技のやり方についても解説してみた!

歩くだけでポイントを手に入れたり、現金を増やすことができると話題のトリマアプリ。

筆者も最近、トリマを始めたのであるが、移動するだけでお金を増やすことができるというとても魅力的なアプリだ。

今は、コロナによる経済悪化で、少しでもお金を貯めたいという方も多いのではないだろうか。

トリマは万歩計とポイントサイトが合体したようなアプリで、歩いたり、電車で移動をしてもポイントを貯めることができ、それ以外にも、クレジットカード作成や、月額サービスの登録などの案件を行うことによってもポイントをゲットすることができる。

よって、気軽にポイ活ができる便利なアプリであるが、あまりの利便性の高さから、中には、「トリマアプリ怖い」という声も上がっているようだ。

ということで今回は、トリマは安全なのか?ということであったり、気になる裏技はあるのかということについても見ていこうと思う。

目次

 


スポンサードリンク

トリマアプリは怖い?安全?

 

トリマアプリは怖いのか安全なのかについて、結論を述べると「安全」であるようだ。

筆者もトリマアプリを使わせていただいているが、特に危険で怖い要素などはなく、安全であると実感している。

また、トリマを運営しているのは「インクリメントP」という会社で、1994年5月1日に設立されており、パイオニアの子会社であることからも信用度が高い。

さらに、取引先企業も、「KDDI株式会社」、「ソフトバンク株式会社」、「東京海上日動火災保険株式会社」、「トヨタ自動車株式会社」など、誰もが知っている大手企業が名を連ねている。

ただ1点、トリマを使う上で注意しなければならないのは、通信料の多さである。

位置情報を常に使用するため、通信料が必然的に多くなるようだ。

また、トリマでは、「マイル」というものを貯めて、ポイントや現金に交換できるのだが、マイルをゲットするには、動画を見る必要があるので、そのときにも通信料が発生する。

なので、モバイル通信ではなく、極力、Wi-Fiを使用した方が良いと思われる。

ポケットWi-Fiをお持ちであれば、移動しながらでもWi-Fi接続ができるのでオススメである。

ちなみに、スマホの設定でモバイル通信を使用しない設定にすることもでき、iPhoneの場合は、「設定」をタップし、「モバイル通信」をタップする。

すると、画面を下に移動するとアプリの一覧が出てくるので、「トリマ」を探して緑色の「オン」から、白の「オフ」に変えることで、モバイル通信が使われない設定に変えることができる。

もし、ポケットWi-Fiを使用される場合は、上記の設定にしておくと良いかもしれない。


スポンサードリンク

トリマアプリの裏技について

 

次に、トリマの裏技について、トリマの裏技には無限スロットというリセマラ方法があるようだ。

こちらは、トリマでスロットを回すときに、そろわなかったときに、戻ったり、アプリを終了させたりするという方法。

やり方としては、スロットのストップ(STOP)ボタンが3つあるので、そのうちの2つのストップボタンをまず押す。

その時点で、揃わなかったら「戻る」ボタンで前の画面に戻る。

そして、もう一度スロットを始めようとすると、「メダル消費なしでスロットを回す」というコマンドが表示されるので、そちらを選んで、スロットを回す。

すると、もう一度最初からスロットを回すことができるようになる。

ただし、この裏技はいつまでも通用するかというと、おそらく運営側も対策を取って来ると思われる。

例えば、2つストップした段階で戻った場合、その2つをストップした状態で再開されるような仕様にいずれ変更される可能性がある。

トリマのタンクを効率よく貯める方法

 

筆者は最近、トリマを使用する中で、タンクを効率よく貯める方法として気づいたのが、電車などの交通機関を利用する方法だ。

トリマでは、動画を見ることで、タンクのスピードを3倍速にするというオプションがあるが、それを利用して電車で移動することで、タンクが一気に貯まる。

例えば、神戸~大阪間を3倍速にして、電車で移動するだけでも、もともとある3つ分のタンクはすぐに満タンになるレベルであった。

なので、3倍速にして、電車を往復すれば、そこまでお金もかけず、効率良くタンクやマイルを貯めることができると思う。

ただ、今はコロナの時期であるため、電車に乗るのは抵抗がある方もいると思うので、その場合は、車を活用してタンクを貯めるというのも一つの方法である。

トリマの招待コードとまとめ

 

筆者のトリマアプリの招待コードは、「_NktqrLYQ」となっているので、もし、まだトリマを使用したことがないという方がおられたら、是非ご活用いただきたいと思う。

なお、招待コードでトリマに登録すると、「5000マイル」をゲットすることができる。(※2021年1月16日時点)

トリマは移動時間も無駄にすることなく、ポイントを貯めることができるので、数あるポイントサイトの中でも、とてもオススメのアプリである。

もちろん、ポイントはすぐに貯まるのではなく、ある程度、コツコツ貯めていく必要はあるが、「チリも積もれば山となる」ということで、長い時間をかければ大きなプラスになると思う。

クレジットカード作成や、月額サービスなどの案件以外で、一気に貯めることは難しいが、頑張れば月に数千円は目指せるのではないだろうか。

ちなみに、トリマでマイルを貯める上で注意したいのが、「歩数」のカウントは1日でリセットされるようなので、歩数が貯まったときはその日のうちに、動画を見るなどして消化する必要がある。

筆者もトリマアプリを活用して、ポイ活に励んでいきたいと思う。


スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP