ポケカラのマイクはどこ?おすすめのマイク付きイヤホンについても言及してみた!

カラオケアプリ「ポケカラ(pokekara)」に筆者は最近はまっているのだが、使用しているにつれて気になるのがやはり”マイク”であると思う。

ポケカラを始めたての頃はマイクがどこにあるのかも分からなかったが、同じように疑問を抱いている方も多いのではないだろうか。

また、おすすめのマイク付きイヤホンがあるのかどうかについても気になるところだが、今回はこれらについて言及していきたいと思う。

ポケカラのマイクはどこ?

 

ポケカラのアプリを使用するにあたり、スマホのマイクはどこ?ということについてだが、マイクの位置については、AndroidとiPhoneで異なる模様。

まず、Androidについては、基本的に2つのマイクがあり、「頂点の部分」と「底面の部分」に2箇所ある。

そして、メインのマイクの場所は、底面にある小さな穴の部分になるので、そこへ発声をして歌うということになる。

次に、iPhoneのマイクについては、3つ搭載されており、「前面の上の部分」、「底面の部分」、「背面カメラの部分」となっている。

メインとなるマイクの場所については、Androidと同じ「底面の部分」になるので、そちらに向かって発声するということになる。

ちなみに、筆者は「iPhone X」を所持しているのだが、ポケカラを使う場合は、iPhoneでは純正イヤフォンのマイクを使用している。

なお、イヤフォンのマイクの位置がどこかということについては、イヤホンの右側の下の方に、「マイク」のマークが印字された場所があるので、iPhoneの純正イヤフォンを使用する場合はそこに向かって歌うとよりよく音が拾える。

ただ、マイクに口を近づけすぎると、音がクリアに拾えないということもあるので、注意が必要だ。


スポンサードリンク

ポケカラでおすすめのマイク付きイヤホン

 

次に、ポケカラで使用するおすすめのマイク付きイヤホンについて見ていこうと思う。

iPhoneで使用するにあたっては、やはり純正のイヤホンを使うことをオススメしたい。

というのも、イヤフォンとiPhoneのメーカが同じAppleなので、一番トラブルが起きにくく、効果としても他社の物と比較しても期待がもてるからである。

ただ、Androidの場合は、製品メーカが様々なので、マイク付きイヤホンについては別途購入しなければならない場合があると思う。

そこで、Androidで使用する場合もおすすめのマイク付きイヤホンを以下に挙げてみた。

1,マイクロフォン iGOKU クリップマイク 外部マイク ピンマイク イヤホン付き 全指向性

こちらのマイク付きイヤホンは、カラオケに使用することを想定しているイヤフォンとなっており、変換アダプタ付きのため、様々な機種にも対応しているようだ。

また、録音もきれいな音質で行え、ピンがついているため、お好きな位置にマイクを固定することもできるので、とてもおすすめとなっている。

2,hocoのインナーイヤー型イヤフォン

こちらのイヤフォンについては、カナル型イヤフォンがあまりお好きでない方におすすめである。

値段も良心的で、口コミも4.4以上とかなり高めとなっている。

音質が良いのももちろん、ピンク色も選べるので女性の方にもおすすめであると思う。

3,M1 Bluetooth5.0ワイヤレスイヤホン

こちらは、Bluetooth接続で使用するタイプのイヤフォンとなっており、口コミ評価も4.3以上と高く、スマートフォン・タブレットランキングで売り上げNO1になっているようだ。

ペアリングもスムーズに行え、音質も良く、総合的な機能において優れており、おすすめとなっている。

以上が、マイク付きイヤホンとなるが、ポケカラとイヤホンの相性及び、スマートフォンの機種との相性によっては上手く機能しない場合もあるので、購入される場合は、各メーカーへの確認であったり、必要に応じて、ポケカラへの問い合わせ確認を行うこともおすすめしたい。


スポンサードリンク

考察・まとめ

 

筆者は、iPhoneとAndroid両方所持しているのだが、ポケカラを利用する際は、iPhoneは純正のイヤホンでストレスなく使用させて頂いている。

ただ、Androidでもポケカラを試したところ、イヤホンなしの内臓マイクでは、音が小さくて聞こえにくく、音質もあまり良くなかった。

Androidの機種にもよるのかもしれないが、やはり、ポケカラを利用するのであれば、マイク付きイヤフォンがあった方が便利なのではないかと思う。

ただ、購入するにしても、しっかりと機能するかを確認する必要はあるので、やや手間がかかるかもしれない。

なので、iPhoneの方のみにはなるが、純正イヤフォンでの使用が一番無難といったところだろうか。


スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP