ポケカラでコラボと非公開のやり方!待望のコラボ機能がついに実装!!

筆者は最近、ポケカラ(Pokekara)というアプリにはまっているのだが、そのポケカラでついに、コラボ機能が実装されたようだ!

今まで、コラボをする場合は端末を2台用意して行ったり、実際に会って2人で歌ったりする必要があったが、コラボ機能が実装されてから、そういった手間をかけずにできるようになった。

このように、コラボ機能はとても画期的なものであるが、実装されてから間もないため、まだ使い方があまり良く分からないという方もおられるのではないだろうか?

ということで、今回はコラボ機能のやり方及び、コラボ曲を非公開にする方法について見ていきたいと思う。

目次

 


スポンサードリンク

ポケカラのコラボ機能のやり方

 

まず、ポケカラのコラボ機能のやり方についての解説の前に、ポケカラアプリが最新にアップデートされていなければ、コラボの項目がそもそも表示されない可能性があるのでご注意頂きたい。

その上で、コラボの基本的なやり方について以下に箇条書きにしてみた。

1,ポケカラアプリを開く
2,画面下にある歌うをタップ
3,上の段に「コラボ」という項目が現れるので、それをタップ
4,「コラボに参加」と「コラボ募集」という項目が表示される
5,コラボに参加する場合は、そのまま下に表示される好きな曲を選んで「参加する」をタップ
6,コラボを募集する場合は、「コラボ募集」をタップし好きな曲を選び、「歌う」→「コラボ」→「歌う」という順番にタップする

以上が、コラボを行う際の大まかな流れとなっている。

なお、上記の手順に以外にもダイレクトに曲名やアーティスト名を検索してコラボを行うこともできる。その手順は以下になる。

1,曲名等を上に表示される虫眼鏡欄に入力して検索
2,歌いたい曲の横にある「歌う」をタップ
3,コラボ募集に参加する場合は、上の段の右に表示される「コラボ」をタップし、ユーザ名を選んで「参加する」をタップ
4,コラボを募集する場合は、そのまま「歌う」→「コラボ」→「歌う」という順にタップをする。

以上が、曲などを検索してコラボを行う手順となる。

なお、自分でコラボを募集する際は、自身が歌うパートを選ぶことができ、「赤字を歌う」、「青字を歌う」という項目を選べたり、任意でパートを選ぶ「歌詞選択」という項目もある。

ちなみに、自分自身で歌った曲とコラボすることもできるので、楽しみ方はさまざまとなっている。


スポンサードリンク

ポケカラのコラボでした曲を非公開にする

 

次に、コラボした曲を非公開にする方法について見ていこうと思う。

方法としては、コラボではなく、ソロで歌ったときと同じで、曲をアップロードするときに、「公開する相手」の項目をタップし、「非公開投稿」を選んで、アップロードをすると公開することなく曲を投稿することができる。

なお、「コラボ募集の曲」と、「コラボした曲」というのは別々に管理されており、一度公開した曲を非公開にする場合はそれぞれでやり方が異なる。そのやり方については以下となる。

<コラボした曲の非公開手順>

1,マイページをタップ
2,非公開にしたい曲をタップし、右上に表示される「・・・」をタップ。
3,「自分のみ」をタップ

<コラボ募集した曲の非公開手順>

1,マイページをタップ
2,自身のアイコンをタップ
3,「○○さんがコラボを募集している曲一覧」をタップ
4,右下に表示される「・・・(More)」をタップ
5,「自分のみ」をタップ

以上が、公開した曲を非公開にする手順となる。

ポケカラのコラボ機能のまとめ

 

コラボ機能については、ポケカラユーザの方は本当に待ちに待った機能であると思う。

ポケカラのコラボ機能がVIP会員でないとできないのか?という疑問もあると思うが、特にVIP会員でなくても利用可能な模様。

ちなみに、筆者はコラボ機能が実装されたことを知った当初、コラボをしようとしても、そもそもコラボするという項目が表示されなかったのでなぜか?と思った。

そこで、VIP会員にならないとできないのかと思い、VIP会員になってみたものの、それでもコラボの項目が表示されない。。。

おかしいなと思っていたら、ポケカラのバージョンを最新にしていなかったことに気づき、App Store(※iPhoneユーザーのため)からアップデートしたところ、無事にコラボという項目が表示されるようになったので安心した。

それにしても、無料でもコラボ機能が使えるようになるなんて、本当に素晴らしいと思った。

また、ポケカラでコラボ募集している方の歌を聴くと、本当にプロ歌手レベルに上手い方が多く、とても驚いたものだ。

筆者も負けず嫌いなため、これからも日々ボイストレーニングを行い、ポケカラで歌っていきたいと思う。


スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP