メタマスクでキャンセルできない?トランザクション詰まりの対処法について!

最近では、仮想通貨の売買や、DeFi(ディファイ)を利用される方が急増しており、それに伴いメタマスク(MetaMask)というウォレットを使用する方も増えている。

かく言う筆者も、遅ればせながら仮想通貨市場に参入したのは先月くらいであるが、メタマスクは常に利用するようになった。

仮想通貨投資自体は、以前から日本でも行われていたが、分散型金融と呼ばれるDeFi自体はそれほど日本では注目されていなかった。

だが、ここ数か月に入ってからは、日本人のDeFi参入者はかなり増加しているように思える。

DeFi参加者が増えることは良いことだが、DeFiを利用する方が増えた影響からか、メタマスクの動作が重かったり、なかなかトランザクションが通らないという現象が起きることが多くなった。

筆者はパンケーキスワップ(PancakeSwap)を利用して、仮想通貨のSwap(交換)をよく行うのだが、その際のトランザクションがなかなか通らず、交換ができなかったり、仮想通貨を送金するのも時間がかかりすぎるということを経験した。

この時、トランザクションはPending(保留中)となっていた。

3時間以上経ってもトランザクションはPendingのままだったので、その取引をキャンセルしようとしたのだが、そのキャンセルも何時間経っても終わる気配がない。

これにはかなり焦ったが、何とか解決することはできたので、今回はトランザクション詰まりが発生し、キャンセルできない時の対処法について語っていきたいと思う。

目次

 


スポンサードリンク

メタマスクでキャンセルできない時の対処法

 

メタマスク(MetaMask)でトランザクションが詰まりキャンセルできないときの対処法としては、メタマスクにある該当するトランザクションをクリックしたときに、「キャンセルを高速化」するというオプションが表示されると思う。

高速化する際には、ガス代(Gas)と呼ばれる手数料が発生するが、その手数料を支払うことによってキャンセルを早く行うことができる。

その手順としては以下となる。

①メタマスクの画面の「アクティビティ」をクリック

②キャンセルしたいトランザクションを選択

③「キャンセルを高速化」をクリック

④ガス代が表示されるので「確認」をクリック

 

上記の手順で、キャンセルを早めることが可能となる。

筆者の場合はキャンセル高速化を3回やってもなかなかトランザクションが通らず、4回目の高速化でやっとキャンセルできたということがあった。

その時は、バイナンススマートチェーン(BSC)を使用していたので、そこまで手数料は高くないが、それでも毎回キャンセル高速化を何回もしないといけないということになると、手数料もそれなりに高くなってしまう。

ただ、現状トランザクション詰まりが起きるとキャンセルするのが最も簡単で有効な方法になるので、急ぎで取引しなければならない場合は、キャンセルの高速化を試みる。

そして、キャンセルが完了したら、もう一度トランザクションを試みるという方法がベターかもしれない。

なので、なかなかキャンセルできない場合は高速化を行ってみるといいかもしれない。


スポンサードリンク

メタマスクでのトランザクション詰まり(その他の対処方)

 

メタマスク(MetaMask)でトランザクション詰まりを起こした場合に、その他にも対処法があるのだが、その方法については以下のようになる。

①PCの再起動

②PCのネットワーク状況を確認する

③メタマスクの削除・復元

 

PC側の問題であれば、PCの再起動や、ネットワークが安定しているか確認することにより、問題は解決すると思うが、単純にメタマスク自体の動作が「重い」ということであれば、これらの方法では解決できない可能性が高い。

そこで有効になってくるのが、メタマスクを削除し、復元する方法となってくる。

しかし、この方法は一歩誤ると資金を失ってしまうことにもなりかねないので、かなり慎重に行う必要がある。

また、メタマスクを復元する際には、「シードフレーズ(Seed phrase)」や「秘密鍵」というものが必要となってくる。

基本的には、「シードフレーズ」があればメタマスクを復元できるが、外部のウォレットアプリなどで作成したアカウントをメタマスクにインポートしていた場合に、そのアカウントを復元する場合は「秘密鍵」が必要となる。

なので、メタマスクを削除する前にこれらの情報は必ず確認していただきたいと思う。

確認する方法についてはそれぞれ以下となる。

<シードフレーズの確認方法>

①メタマスクの画面右上にある「丸いマーク(アカウントのアイコン)」をクリック

②「設定」をクリック

③「セキュリティーとプライバシー」をクリック

④「シードフレーズを表示」をクリック

⑤パスワードの入力を入力し「次へ」をクリック

⑥シードフレーズが表示される

 

<秘密鍵の確認方法>

①メタマスクの画面右上、縦に「・・・」と続く場所をクリック

②メタマスクの「アカウント詳細」をクリック

③「秘密鍵のエクスポート」をクリック

④パスワードの入力を入力し「確認」をクリック

⑤秘密鍵が表示される

 

以上がシードフレーズ及び、秘密鍵の確認方法となる。

繰り返しにはなるが、メタマスクを削除する場合には必ず事前に確認し、保管しておくことをオススメしたい。

考察・まとめ

 

メタマスクでトランザクションが完了しない時は、本当に焦ったものだ。

数時間経ってもPendingのままで、キャンセルの高速化をしても、うんともすんとも言わなかった。

もしかしたら、このままずっとメタマスクで送金したりできなくなってしまうのではないかと不安になった。

かといって、メタマスクを削除するのも怖くてできなかった。

なので、ダメ元で行った4回目のキャンセル高速化でトランザクションが完了したときはとても安心したものだ。

このように、メタマスクでは動作が重く、トランザクションが通りにくくなることがあるので、すぐに取引が必要になるような場面では注意が必要となるので、ご参考にいただければと思う。


スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP