メタマスクの削除・再インストール方法!スマホアプリとPCの手順について解説!!

今年も寒い冬の時期がやってきたが、仮想通貨の市場も冷え込みが続く状態となっている。

筆者は今年の春頃に仮想通貨市場に参入したのだが、暴落に耐え切れず今年は赤字の状態で、含み損から損益を確定し、年末に向けての処理を行っている。

そのため、しばらくメタマスク(MetaMask)を操作していなかったのだが、最近は操作する機会が増えた。

メタマスクについては、以前に送金できないというトラブルが置き、そちらについては「メタマスクでキャンセルできない?トランザクション詰まりの対処法について!」という記事にて対処法を執筆させていただいた。

その中で、メタマスクの削除・再インストール(復元)についても言及させていただいていたが、具体的な手順は記載していなかったため、今回はこちらの記事にてPC版とスマホアプリ版のメタマスクそれぞれの方法について解説していこうと思う。

(※注 当記事を参考にして、資産が無くなってしまった場合の責任は取りかねますのであらかじめご了承ください。)

目次

 


スポンサードリンク

メタマスクの削除・再インストール方法(PC版)

 

まずは、PC版メタマスク(MetaMask)の削除・再インストール方法について。

なお、メタマスクを削除する前には必ず、「シークレットリカバリーフレーズ(Secret Recovery Phrase)」や「秘密鍵」を控えた上で行っていただきたいので、この点は要注意となる。

(※注 「シークレットリカバリーフレーズ」の名称変更前は「シードフレーズ」です。)

シークレットリカバリーフレーズ・秘密鍵の確認方法については、以前に執筆した「メタマスクでキャンセルできない?トランザクション詰まりの対処法について!」という記事にて解説しているのでご参考にしていただければと思う。

メタマスクの削除方法については至って簡単で、以下の手順になる。

①Google Chromeを開き、画面右上にある「拡張機能」のマークをクリック

②メタマスクのキツネマークが表示されるので、その右側にある縦に「・・・」と続く場所をクリック

③「Chromeから削除」をクリック

もしくは、以下の手順でも削除可能。

①Google Chromeのブラウザから「chromeのウェブストア」にアクセスする

②メタマスクのキツネマークの右側に表示される「Chromeから削除します」をクリック

③「MetaMask」を削除しますか?と聞かれるので「削除」をクリック

 

上記の手順でGoogle Chromeの拡張機能からメタマスクを一旦削除し、その後に再インストールしていただく流れとなる。

メタマスクの再インストールについては、メタマスクを始めにインストールした手順とほぼ同じとなるが、異なる点といえば、「シークレットリカバリーフレーズ」や「秘密鍵」の入力が必要となってくる点だ。

手順については以下のようになる。

①Google Chromeのブラウザから「chromeのウェブストア」にアクセスする

②メタマスクのキツネマークの右側に表示される「Chromeに追加」をクリック

③「MetaMask」を追加しますか?と聞かれるので、「拡張機能を追加」をクリック

④メタマスクのページが開くので、「開始」をクリック

⑤「ウォレットのインポート」をクリック

⑥「MetaMask の品質向上へのご協力のお願い」というページが開いたら、「同意しません」「同意します」のいずれかをクリック

⑦「シークレットリカバリーフレーズ」と「新しいパスワード」を入力し「使用条件を読んで同意しました」にチェックを入れて「インポート」をクリック

⑧「おめでとうございます」というページが開いたら「すべて完了をクリック」

 

アカウントが1つのみの場合は上記の手順で全て完了となるが、外部のウォレットアプリ等で作成したアカウントをインポートしていたり、複数のアカウントを作成していた場合はこの段階では元に戻らない。

そこで役立つのが「秘密鍵」なのである。

ということで、秘密鍵を使ってアカウントを戻す手順は以下となる。

①メタマスクを開き、画面右側に表示されるアカウントのアイコンをクリック

②「アカウントのインポート」をクリック

③秘密鍵を入力する場所が表示されるので、控えていた秘密鍵の文字を入力し、「インポート」をクリック

 

上記の手順で、複数アカウントがあった場合は、アカウントごとの秘密鍵を入力していけば、元の状態に戻すことが可能となる。

ちなみに余談ではあるが、メタマスクのアカウント情報については、ブロックチェーン上に情報が残り続けるのでアカウント削除をすることはできない。

ただ、メタマスクの拡張機能を削除・再インストール後、シークレットリカバリーフレーズを使って復元したときに、メインアカウント以外のアカウントについては、秘密鍵を使ってインポートしなければ、メタマスク上に表示させないことはできる。


スポンサードリンク

メタマスクの削除・再インストール方法(スマホアプリ版)

 

次に、スマホアプリ版メタマスク(MetaMask)の削除・再インストール方法について。

スマホ版メタマスクの削除方法については以下の手順となる。

①メタマスクアプリのアイコンを長押しする

②Appを削除をタップする

もしくは、以下の手順でも削除可能。

①歯車のアイコンのアプリ「設定」をタップ

②「一般」をタップ

③「iPhoneストレージ」をタップ

④「MetaMask」をタップし、「App」を削除をタップ

 

以上でスマホアプリのメタマスク削除は完了となる。

続いて、削除した後の再インストールからウォレット復元の手順は以下となる。

①「App Store」をタップ

②画面右上にあるアカウントのアイコンをタップ

③「購入済み」をタップ

④「自分が購入したApp」をタップ

⑤キツネのアイコン「MetaMask」の右側にある雲のダウンロードマークをタップ

⑥ダウンロードマークから「開く」に変わったら「開く」をタップ

⑦メタマスクのアプリが開くので「開始」をタップ

⑧「シークレットリカバリーフレーズを使用してインポートする」をタップ

⑨「MetaMask の品質向上へのご協力のお願い」というページが開いたら、「同意しません」「同意します」のいずれかをタップ

⑩「シークレットリカバリーフレーズ」と「新しいパスワード」を入力し「インポート」をタップ

 

以上で、メインアカウントにあるウォレットは復活する。

次に、複数アカウントがある場合における秘密鍵を使った復元方法については以下となる。

①画面左上の「三本線(メニューバー)」をタップ

②メニューに表示されるアカウントのアイコンをタップ

③アカウントのインポートをタップ

④秘密鍵を貼り付け(入力)を行い「インポート」をタップ

 

PC版メタマスクと同じく、アカウントごとに振り分けられた秘密鍵を入力してインポートすれば、それぞれのウォレットを復元できる。

メタマスクで送金できない場合に有効だがリスクあり!!

 

メタマスク(MetaMask)で送金できない(送金詰まり)が起きてしまう原因としては、ネットワークが混雑し、重くなっている場合に起こりうるものとなっている。

例えば、イーサリアムネットワークを利用して取引を行っている場合は、イーサリアムネットワークを利用する人が多くなればその分重くなり、トランザクションが通りにくくなったりすることがある。

すると送金できないどころか、キャンセルすらできなくなってしまうのだが、そういったときの基本的な対処法としてはガス代(手数料)をさらに支払い高速化を行う方法となる。

高速化をいくらやってもトランザクションが通らない場合はひたすら待つか、メタマスクの削除・再インストールを検討する流れになると思う。

ただ、メタマスクの削除に関しては、一歩間違えば資産が全て無くなってしまう非常にリスクの高い手段になるので、あくまで最終手段として考慮していただきたいと思う。


スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP