iOS14へアップデートして大丈夫?お金かかる?無料でできるのかどうかを含め疑問を解消!!

iOS14がリリースされてしばらく経つが、アップデートをしても大丈夫なのかと、様子を伺っている方も多いのではないかと思う。

アップデートしても不具合が起きないかどうかであったり、アップデート自体が無料でできるのかということについて、ネット上で心配する声も上がっているようだ。

筆者自身も、iPhone Xを所有しており、iOS14へアップデートしてみたので、お金かかるのか?ということであったり、アップデートしてみて不具合が起きないか?ということについて、実際の経験を元に語ってみたいと思う。

iOS14へアップデートして大丈夫?

 

まず、iOS14へアップデートして大丈夫?ということについて結論を述べると、「大丈夫」であるということを申し上げたい。

筆者自身、アップデートを行ってみたが、特に何か不具合が発生することなく使用できている。

また、iOS14リリースされた当初は多少のバグが見受けられたが、それもiOS14.0.1がリリースされたことによって解消されている。

なので、現時点においては、アップデートしても問題ないと考えて良いと思う。

状況によっては、使用されているアプリとの互換性の兼ね合いでアプリが使えなかったり、アプリを含むデータの干渉によって、予期せぬ動作が起きてしまう事も考えられるが、可能性としては低いと思われる。

実際に多くの方が日常的に使うメジャーなアプリ、例えば、LINE、インスタグラム、ツイッター、メルカリなどのアプリの問題なく使用できており、その他のアプリに関しても、筆者は問題なく使えている。

また、アップデート後に発生する予期せぬ動作についても、ほぼ起こることはないが、不具合が起きた後に、いつでもデータを戻せるように念のためバックアップを取っておくことはオススメしたい。

ちなみに、バックアップについては、iCloudであったり、パソコンのiTunes、MacのFinderなどで行うことが可能となっている。


スポンサードリンク

iOS14へのアップデートはお金かかる?無料かどうかについて

 

今回のiOS14に関しては、「ピクチャ・イン・ピクチャ」や、「ウィジェット」機能の追加など、さまざまな便利機能が追加されているが、果たしてこれらの機能は無料で使えるのかということは気になるところであると思う。

その点の結論を申し上げると、iOS14へのアップデートは「無料」であるということと、アップデート後に追加される機能についても、全て無料で使用することができる。

アップデートにより多くの機能が追加されるため、本来であればお金かかるのではないか?と思われるところだと思うが、iOSのアップデート自体は今まで無料でできるものとなっているし、おそらく今後も有料になることはないのではないかと思う。

なお、iCloudストレージやApple Musicなどのサブスクリプションサービスは今までどおり、お金かかるため、必要に応じて契約をして頂ければと思う。


スポンサードリンク

考察・まとめ

 

筆者個人的に、iOS14へアップデートすることにより期待していたのが、Youtubeを使用してのピクチャ・イン・ピクチャだったのだが、Youtubeの非会員であるとできなくなっている。

ブラウザでYoutubeを起動することによって一定期間、非会員でもピクチャ・イン・ピクチャができていたのだが、それだとYoutubeプレミアム会員のメリットが薄くなってしまうので、おそらく規制されたのではないかと思う。

Youtubeの有料会員でなくても、バックグラウンド再生ができたら、物凄くメリットがあるなと思っていたが、さすがにそこまではできないようだ。

ただ、iOS14ではAppライブラリという項目が追加されたりと、全体的に使い安くなったと思う。

今年の10月には、iPhone12の発売が発売されるのではないかとネットでも噂されており、iOSだけでなく、Apple社が開発する新しい機種にも期待したい。


スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP