アナスタシアのシベリア杉効果は嘘?ペンダントを実際に購入してみた!!

世界中で大ヒットした「アナスタシア(響きわたるシベリア杉)」シリーズ。

こちらは、ウラジーミル・メグレさんという方が著者で、全部で10巻存在するようだ。

本自体はロシア語の本であるが、日本語訳された本もあり、そちらは全部で7巻まである模様。

筆者はアナスタシアシリーズの本を友人に紹介され、読み始めるとなかなか面白く、その世界観に引き込まれていった。

ストーリーとしては、フィクションであるらしく、著者・ウラジーミルさんが体験したアナスタシアとの出会いや、奇跡的な体験について綴られている。

そんな中、注目が集まっているのが、物語に出てくるシベリア杉のペンダントである。

シベリア杉のペンダントは、あらゆる病を治すと本の中で語られているが、嘘か本当かが気になるところだ。

なお、シベリア杉のペンダントについては、筆者も実際に購入してみたので、その効果についても述べていきたいと思う。

目次

 

アナスタシアのシベリア杉ペンダントと効果について

 

アナスタシアのシベリア杉シリーズで登場する、シベリア杉ペンダントの効果。

こちらについては、冒頭でも申し上げたように、あらゆる病気を治してしまい、作中ではあの恐ろしい病気であるAIDS(エイズ)ですら治してしまうと語られている。

さらに、それだけでなく、心が広く寛大になり、幸福感に満たされ、有能になるとも語られているのである。

しかし、作中では、「リンギング・シダー」と呼ばれるシベリア杉の効果として語られており、そのリンギングシダーについては、「アナスタシア(響きわたるシベリア杉)」を日本語訳して、出版している「アナスタシア・ジャパン」によると入手不可能であるといわれている。

ただ、リンギング・シダー以外のシベリア杉ペンダントは、「アナスタシア・ジャパン」にて購入可能であり、リンギング・シダーでなくとも、癒しの効果があったり、実際に体調が良くなったり、体が元気になったという声も寄せられている模様。

筆者も、リンギング・シダーの入手法がないかと調べてみたものの、そちらについては見当たらなかった。

なので、次の項目は、リンギング・シダーではないが、通常のシベリア杉のペンダントを身につけてみた感想について語ってみようと思う。


スポンサードリンク

アナスタシアのシベリア杉の効果は嘘?

 

アナスタシアについては、実在しない人物であり、シベリア杉の効果についても嘘なのではないか、という噂もあるようだ。

リンギング・シダーではないものの、筆者もシベリア杉ペンダントを身に付けることによって、何らかの”ありがたい効果”が起きるのではないかと期待し、実際に購入してみた。

感想としては、注文したシベリアペンダントを袋から開けて、手に取った瞬間、気持ちが落ち着き、体が軽くなった気分になった。

それは、本当にかすかに味わった感覚であるので、気のせいといえば気のせいかもしれないが、なんらかの効果があるようにも思えた。

筆者の場合、まだ購入してからさほど日にちが経っていないので、大きな変化であったり、はっきりとした実感はまだ感じ取れてはいない。

しかし、本来の効果はこれから起こるのかもしれないので、効果を実感しだい、追記していきたいと思う。


スポンサードリンク

アナスタシアについてのまとめ

 

シベリア杉のペンダントの効果については、嘘かどうかは気になるところであるが、それと同時に、アナスタシアが実在する人物であるのかどうか、ということもやはり気になるものである。

ちなみに、
アナスタシアが実在するかどうかについて、著者のウラジーミル氏によると、

彼女は実在します。それは、ただの個人の存在、ただの人格の存在ではありません。もはやそれは、大きな現象の実在として存在しています。アナスタシアの一部を受け継いだ女性は大勢います。

引用元:アナスタシア・ジャパン(http://www.anastasiajapan.com/)

と回答されている。

また、日本語版「アナスタシア(響きわたるシベリア杉)」の出版をしているアナスタシア・ジャパンとしては、アナスタシアの存在を

信じています

引用元:アナスタシア・ジャパン(http://www.anastasiajapan.com/)

という回答のようだ。

この回答を見ると、アナスタシア実在に言及することを、曖昧に上手くかわしているというか、実在するとも、実在しないとも、受け取れるような回答のように思える。

もし、アナスタシアが実在しないとすれば、ウラジーミル・メグレ氏との間に生まれたとされる息子も、実在しないことになるが、実際のところはどうなのであろうか。

ちなみに、アナスタシアは宗教ではないようだが、”信じるものは救われる”ということなのであろうか。

筆者も、アナスタシアとシベリア杉のペンダントを信じて、これからもその効果を検証していきたいと思う。


スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP