小林麻央の血管はボロボロ?点滴用ポートをするのはなぜか。理由には余命が関係しているという噂も…

「課題」というブログKOKOROのアメンバー限定記事に続いて、「ポーと埋め込み①」という記事を更新された小林麻央さんであるが、鎖骨下の血管に点滴用のポートを埋め込むことを新たに明かされた。

気になるのは、麻央さんが点滴用ポートをするのはなぜなのであろうか。その理由には余命も関係するのでは?という噂や、血管がボロボロという噂もあるが、今回はそのことについて、見ていきたいと思う。


スポンサードリンク


◆小林麻央の血管がボロボロと噂される理由◆


小林麻央さんの血管はボロボロではないかという恐ろしい噂は、なぜ流れているのか。その噂が流れる理由について調べてみたところ、どうやら、麻央さんが、2017年3月2日に更新したブログKOKOROの記事「笑う」が関係しているようだ。

その内容を見ると、麻央さんが採血をされているときの様子が綴られており、「あちこち痛んでしまった血管」との記載があった。

なぜ痛んでしまったのかは不明であるが、おそらく採血のときや、点滴のときなどに、血管を刺さないといけないので、それが原因であると思われる。

ボロボロとはいってもいずれ再生すると思われるので、そこまで心配する必要はないかもしれない。ちなみに、麻央さんがポートを使用する理由は、ダメージを与えてしまった血管を回復するためというのもあるのかもしれない。


スポンサードリンク


◆小林麻央が血管に点滴用ポートを埋め込むのはなぜ?◆


小林麻央さんが、鎖骨下の血管に点滴用のポートを埋め込まれたとのことであるが、なぜそのような手術を行われたのであろうか。

それについては、どうやら、麻央さんの体の負担を軽減するための措置として行われたようだ。というのも、長期にわたり、抗がん剤治療の点滴を行うとかなりの負担が体にかかってしまう。

そこで、点滴用ポートを使用することで、全身に効率よく抗がん剤を行き渡らせることを可能にし、負担を軽減するのが理由となっているようだ。

ちなみに、ポートとは何なのかというと、血管内に薬剤を注入するための医療機器で、素材は長期間体内に入れておいても安全なものとなっている。

また、ポートの使用目的としては、栄養補給の為の点滴や、抗がん剤以外にも、痛みなどの緩和をするための薬剤を注入するのにも有効であり。

退院して在宅療養を望まれている麻央さんにとっては、かなり便利なものとなるようだ。

◆考察・まとめ◆


小林麻央さんが、点滴用ポートを使用するのは、単に在宅療養するにあたり、とても便利であるからなので、特に余命と関係あるということではなさそうだ。

ただ、麻央さんは2017年4月に入ってからは、息切れや咳、歩けない状態などの体調不良を訴えられており、少し心配になる部分もある。

とはいえ、麻央さんの前向きで明るいブログを拝見していると、いつかきっと病気は治る。そう信じずにはいられない。

子供さん方のためにも、麻央さんには長生きして頂きたいと心から願う。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP