EUとは何か?を簡単にわかりやすく説明!加盟国イギリスがそもそもなぜ離脱するかの理由についても解説してみた!!

EU(欧州連合)の加盟国であるイギリスが離脱することにより、

世間やネットでは大変な注目を集めている。

そこで、「EUとは何か?」

という疑問の声が数多く上がっているようだ。

ということで、今回はそれを

簡単にわかりやすく解説するのと共に、

そもそもイギリスはなぜ脱退したのか、

という理由についても、説明させて頂きたいと思う。


スポンサードリンク


そもそもEUとは?

ではまず、EUとは何か?

ということについて、簡単にわかりやすく、

説明していきたいと思う。

EUは欧州連合、すなわちヨーロッパ連合という、

国際組織のことを差すものであるが、

現在のヨーロッパ連合に至るまでは様々な歴史がある。

元をたどれば始まりは、ECSC(石炭鉄鋼共同体)であるが、

こちらはドイツとフランスが主導して結成されたもの。

そしてそれが後に、EEC(ヨーロッパ経済共同体)→
EURATOM(ヨーロッパ原子力共同体)→EC(ヨーロッパ共同体)、

そして現在の「EU」へと派生していったのだ。

ちなみに、現在の加盟国については以下となる。

ベルギー
ブルガリア
チェコ
デンマーク
ドイツ(加盟時西ドイツ)
エストニア
アイルランド
ギリシャ
スペイン
フランス
クロアチア
イタリア
キプロス
ラトビア
リトアニア
ルクセンブルク
ハンガリー
マルタ
オランダ
オーストリア
ポーランド
ポルトガル
ルーマニア
スロベニア
スロバキア
フィンランド
スウェーデン
英国

引用元:外務省ホームページより(http://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html)

また、EUに加入に加盟国となることによって

どのようなメリットがあるかというと、

まず、やっかいな輸入・輸出の制限を、

加盟国の間においては取り払い、

さらには、通貨を同じものにし、国に住む人々は、

EUの中を自由に行き来きできるというものがある。

つまり、これはわかりやすく簡単に言うと、

各国の間におけるルールなどの障壁を減らし、

バリアフリーな関係を築くといったものだ。

それにより、各国間の戦争などの争いを避け、

さらに、良好な経済効果をもたらし、

それぞれが、WIN・WINの関係になることが期待されて結成された。

しかし、それは”メリット”だけでなく、

”デメリット”というのも存在したようだ。

それについては、次の「イギリスはなぜ離脱するの?」、

の項目とともに述べていきたいと思う。


スポンサードリンク


イギリスはなぜ離脱するの?

「EUとは何か?」ということと、

加入することによるメリットについては、

先ほどの項目で述べさせて頂いた通りで、

次に、そのデメリットとは何なのかを説明させて頂いたいと思うが、

実はそこに、なぜ、イギリスが離脱するのかの理由があったのだ。

そもそものメリットは、各国の間の障壁を減らすことであるが、

それは逆にイギリスにとっては移民が、

多くやってくるようになり、

住みやすくなってしまったという点にある。

そしてそれがどのような結果を招くのかというと、

EUに加入している以上は、そういった人々に対しても、

無料で学校や病院などを利用する権利が付与され、

さらに生活保護といったもの受けることも可能となる。

そうなることで、無料の学校等の施設が、

人の増加に対応するのが困難となってきたのだ。

このように、イギリスにとって

マイナスとなる要因があったのが、

今回、離脱するに至った理由と考えられている。

日本への影響がヤバい!?

最後に、イギリスがEUを離脱することにより、

日本はどのような影響を受けるのか?

ということについて見てみたいと思う。

そのことについては、「euとは?」

ということ以上にそもそも、

多くの方々が心配されるところであると思うが、

日本は欧米との結びつきが強いこともあり、

EUが破綻すると、経済的には

大きなダメージを受けるのではないかと予想される。

また、日本からイギリスへ進出している日本の会社も、

かなり多いので、これは誰の目から見ても、

そう、たとえ”第三者の厳しい目”で見たとしても、

経済的に、危険な状況におかれるのではないかと思う。

今後、日本経済にどのような影響を与えるのか、

気になって仕方がないものである。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP