クローバーコインの上場は香港ってマジ?2018年最新情報に迫ってみた!!

48ホールディングス株式会社で販売されていたクローバーコイン。

同社が取引していた銀行の口座は全て凍結となり、クローバーコインの販売もすでに終了となっている。

さらに、同社は消費者庁による業務停止命令を受けているという、ほぼ絶望的とも思えるような状況の中、最近に入り、同コインが上場するという新たな情報が舞い込んできた。

なんと、クローバーコインが、2018年2月に香港で上場するというのだ。

それは本当なのか?という疑問の声も上がる中、今回はその最新情報に迫っていきたいと思う。


スポンサードリンク


クローバーコインが香港で上場だと!?

 

48ホールディングス(株)により、クローバーコインの上場が発表されたものの、まだ具体的な詳細については明かされていないようだ。

判明しているのはただ、2018年2月に香港(HongKong)の取引所にて上場するという情報のみ。

なんでも、同社によると、2017年12月中の取扱いを目標としていたが、消費者庁による行政処分や解約・返金及び支払い手数料等の状況が影響した為、時期が延長してしまったとのことだった。

そして、香港にあるという取引所名の公表については、日本国内の返金及び支払手数料の問題が解決した後に公表が可能になるとのこと。

ちなみに、香港の取引所については公表されていないものの、噂では、「KuCoin」か「Binance」ではないかとも囁かれている模様。

クローバーコインの2018年における最新情報(※随時更新)

 

クローバーコインの上場に関する最新情報は現段階では入っておらず、それについては、分かり次第追記させて頂きたいと思う。

【※追記(2月2日)】
クローバーコインがなんと!ついに上場が決定した模様!!取引所については、「香港のバウヒニア(Bauhinia Exchange)」とのことで、2018年2月15日(木)に上場するようだ。

また、会員に対しては、上場記念として3月5日(月)に、48ホールディングス(株)より「1000枚」のクローバーコインが送られるとのこと。

【※追記(2月16日)】

クローバーコインが香港の取引所「バウヒニア」で取引登録がなされたようだ。しかし、取引所のシステム調整や新ウォレットの準備等の都合で会員がバウヒニアでの取引開始が可能になるのは3月上旬になるとのこと。

なお、バウヒニアでの取引を開始するには、バウヒニアに口座を開設する必要があるとのことで、その手順については、48ホールディングス(株)により会員に送られたメールに記載されている模様。

ただ、一つ気になる情報もあるのだが、それは「アームコイン」というもの。

その、アームコインはクローバコインから派生したコインといわれており、なんと!!こちらも今年、2018年2月に香港にて上場するという。

一見、2つのコインは同じ会社が取り扱っているようにも思えるが、48ホールディングスによると、同社はアームコインとは無関係であるとのこと。

なお、アームコインに関しては、こちらの「アームコインは仮想通貨で購入するべき?ロビンと最新情報に迫る!!」の記事にて触れているので、ご覧頂ければと思う。


スポンサードリンク


考察・まとめ

 

クローバーコインに関しては、本当に上場するのか気になるところであるが、もし、告知している2018年2月に上場しなかったとすれば、いよいよ後がなくなってしまうかもしれない。

そして、「アームコイン」の存在についても気になるところであるが、果たしてこちらも、2月に上場するのか。今後もこれらのコインの気になる価格も含め、最新情報に注目していきたいと思う。

ちなみに以下は、ネット上の反応となる。


スポンサードリンク


<仮想通貨の関連記事>
クローバーコインに被害者の会がある?チャートや初値にも注目が集まる!!

クローバーコインのウォレット・トークンアプリへのログイン方法とは?アプリの開き方について解説!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP