ワクハラの意味と対策!コロハラによるワクチン接種問題が新たに浮上か

新型コロナウイルスの感染防止に有効とされるワクチンが日本でも接種できるようになってきた。

しかし、その一方で新たな問題が浮上しているようだ。

それは「ワクハラ」こと「ワクチンハラスメント」というもので、

ワクチンを受けたくない人に対しワクチン接種を強要したり、嫌がらせを行ったりするというもの。

実際に職場でワクチンを打たないことに対し、打たなければ退職を迫られるケースもあるようだ。

人それぞれ事情があるので、ワクチンを打ちたくても打てないという人もいると思うが、

今回は、ワクハラの意味や対策などについて迫ってみようと思う。

目次

 


スポンサードリンク

ワクハラの意味

 

まず、ワクハラの意味について。

こちらは言葉そのままの意味となるが、「ワクチンハラスメント」を略して「ワクハラ」という呼ばれている。

すなわち、ワクハラの「ワク」は、ワクチンを意味し、ワクハラの「ハラ」はハラスメントを意味している。

なお、ハラスメントについては、広く一般的に「人権侵害」と解釈されている。

ワクハラはコロハラと呼ばれる「コロナハラスメント」の一つで、新型コロナに関わるハラスメントであり、ワクチン接種が広まってから新たな問題として取りだたされているようだ。

ただ、現在では国からのワクチンの供給が不足し、まだ日本全体では行き届いていない。

筆者の住む地域でも、ワクチンの新規受付が一旦停止となっているので、その場合はそもそもワクチンが打てない。

なので、ワクチンが十分に供給され、容易にワクチンが打てるようになると、ワクハラ問題がさらに顕著になる可能性がある。

ワクハラの対策

 

前述させていただいたように、日本ではまだワクチンが十分に行き届いていないため、ワクハラ問題はまだそこまでたくさん起きていないかもしれない。

ただ、ワクチンが広まったときには、ワクハラが頻繁に見受けられるようになる可能性があるので、十分に対策はとっておきたいところ。

ということで、ワクハラに有効な対策としてご参考までに以下に挙げてみた。

・アレルギーや体質等によりワクチンを打てない理由を明確に説明する

・ワクチンの接種は政府や法律により任意であると周知されていることを主張する

・職場でのワクハラの場合は転職を検討する

・人権相談窓口や弁護士に相談する

なお、アレルギーや体質等については、個人の健康にまつわるセンシティブな情報であるので、言いたくない場合は言う必要はない。

また、ワクチンについては、改正予防接種法(予防接種法及び検疫法の一部を改正する法律)により接種するかどうかは個人の意思に委ねられている。

なので、本来は強制することはできないものである。

特に、ワクチンの接種は健康に関わるものなので、医師などの専門家がワクチン接種を受ける方の健康状態や、すでに受けている治療、投薬している薬なども考慮した上で、ワクチン接種をするように提案するのであればまだわかる。(※医師であってもワクチン接種を強要することは不可)

しかし、そうでない人がワクチン接種をするよう意見するのは、筆者個人的にはいかがなものかと思う。


スポンサードリンク

考察・まとめ

 

ワクチンの接種については、副作用のリスクもあることから、本来であれば自由であるはずなのだが、

会社から強制されれば従わざるを得ないという人もいるだろう。

また、アレルギーなどの問題も絡んでワクチンが打ちたくても打てないという人もいると思う。

にも関わらず、「ワクチンを打て!」と強要されてワクチンを打ったときに、体調を崩したり、場合によっては命の危険性すらある。

コロナウイルスの対策としてワクチンを打って、それで命を落としたら元も子もない。

もしワクチンを打って、何か問題が起きたときにワクチンを強要した人物が責任を取るのかというと、おそらくほとんどの場合において責任は取らないと思われる。(訴訟を起して勝訴すれば損害賠償責任を負ってもらうことは可能かもしれないが)

なので、ワクチン接種を受けたくない場合は、たとえ周りから強要されても毅然とした態度で拒否する意志を示すことが重要であると考える。


スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP