声帯の伸展と削減のやり方・鍛える方法とは?高音域で歌う際の重要なポイントに迫る!

筆者は最近、歌うことにはまっており、ボイストレーニングを行っている。

特に無理なく高音域を出すためにはどうすればいいかということを常日頃から考えているのだが、その鍵となるのがどうやら、「声帯の伸展(声帯振動部の伸展)」と「声帯の削減(声帯振動部の削減)」と呼ばれるもののようだ。

高音域で歌う場合は、どうしても力んで無理をしがちだが、声帯の操作を上手く行うことができれば、そういった問題も解消される模様。

ということで、今回は高音域を上手く出すための「声帯の伸展」及び、「声帯の削減」のやり方と鍛える方法について見ていこうと思う。


スポンサードリンク

声帯伸展のやり方と鍛える方法

 

声帯の伸展のやり方について、そもそも声帯の伸展とは何なのかということであるが、声帯の下の部分にある輪状甲状筋が働くことによって、声帯が引き伸ばされた状態のことを言うようだ。

やり方は簡単で、裏声など、高い声を出そうと意識したときに、喉仏の辺りがへこむと思う。

そのへこんだ感覚というのが、声帯が伸展された状態と呼ばれる。

発声のメカニズムとしては、声帯が振動を起すことによって、声が出るということになるが、声帯が伸展すると、声帯の薄い端の部分だけが振動し、振動スピードが上がるため、音が高くなるのだ。

そして、鍛え方としてはまず、裏声を出すというもので、無理のない高さで、始めはあまり声が出なくても力まずに行う必要がある。

その際、喉を締めずあくびの状態を意識し、リラックスをする。

声を出す際に頭の上に音を響かせるイメージで鍛えると良いと思う。

ただし、声帯の伸展を鍛えたとしても、さらに高い音、すなわち、さらに速いスピードの声帯振動が求められたときに対応が困難になる。

そのときに必要になるのが、次の項目で解説する「声帯の削減」というテクニックといわれている。


スポンサードリンク

声帯削減のやり方と鍛える方法

 

次に、「声帯の削減」について、こちらについては未だ謎な部分が多く、実際そのような現象は起こりえないのではないかという説も存在する。

専門家の中でも、見解が分かれるものではあるが、仕組みとしては、声帯の伸展による高音発声に限界が訪れたとき、声帯振動部の長さが、2分の1や、3分の1と収縮し、短く変化を起す状態になる。

そして、声帯振動部が短くなることにより、さらなる高音域で発声できるようになるという仕組みだ。

しかし、こちらの削減テクニックについては、意識的に行えるものではなく、とある一説によると、声帯の自然な働きに委ねることにより、自然と声帯が削減される。といわれている。

ということは、無駄に力を入れたりするのではなく、あくまで自然な発声を心がけることにより実現できる、というもののようだ。

なので、具体的なやり方というのは存在しないようであるが、習得するための鍛える方法としては、常日頃から、力まず発声をする方法であるとか、発声時の息のコントロールなどのトレーニングが必要であると考えられる。

なお、声帯の削減をしているときの感覚についても、未だはっきりとはしていないが、おそらく、無駄な力が一切入らずに、高音域が発声できるという感覚であると思う。

考察・まとめ

 

声帯の削減については、はっきりとしたやり方や方法というものがないため、そもそも不可能ではないかという意見もある。

筆者自身も、半信半疑な部分はあるが、声帯の伸展では限界がある高音域を、声帯の削減により出せるようになったら、とても面白いのではないかワクワクする。

余談ではあるが、最近筆者は、ポケカラというアプリにもはまっており、こちらのアプリで女性でも高いと思われる音域を軽々と歌う男性の方もおられるので、もしかすると声帯の削減を実現されているのでは?と思うことがある。

実際に声帯の削減が可能なのかは、まだはっきりとは分からないが、実現を目指すべく筆者自身も日々、トレーニングをしていきたいと思う。


スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP