サンライズコイン(suncコイン)の買い方は?仮想通貨詐欺ではなく本物!?

皆さんは、サンライズコイン(suncコイン)という仮想通貨をご存知だろうか。

サンライズコインはサンシーコインとも呼ばれており、最近に入り、仮想通貨系の配信をされているYoutuberが一斉にサンライズコインに関する配信をし始めている。

複数のインフルエンサーにて、サンライズコインは今後、100倍、1000倍、あるいはそれ以上になるコインであると謳われているが、本当にそれだけの価値を持つコインなのであろうか。

あまりにも美味しすぎる話であることから、中には「怪しい」と思われている方もいるようだ。

というのも、仮想通貨投資においてメジャーなコイン以外は詐欺である可能性もあることから、慎重に見極めることも重要になってくるからだ。

今回は、サンライズコインの買い方であったり、仮想通貨詐欺の可能性についても見ていきたい。

目次

 


スポンサードリンク

サンライズコイン(suncコイン)の買い方

 

まず、サンライズコイン(suncコイン)の買い方については、取引所に上場していないので、現段階で購入することは不可となっている。

なお、サンライズコインは、今年の8月1日に「ユニスワップ(UniSwap)」にて上場する予定とのことだ。

ただ、サンライズコインでは特別販売やプレセールも行われるようで、日程については下記となっている。

特別先行販売 > 6月8日(火)

プレセール第1弾 > 6月15日(火)

プレセール第2弾 > 6月22日(火)

プレセール第3弾 > 6月30日(水)

これらのプレセールや特別販売の参加・申し込み方法については、「SUNCコイン(サンシーコイン)公認ページ」というサイトにて紹介されているようだ。

サンライズコインの買い方について、特別先行販売では指定のウォレットにイーサリアム(ETH)を送ることによって手に入れる流れとなっていた。

おそらく、プレセールの際も同様の購入方法になると思われる。

なお、送る側が使用するウォレットはメタマスク(MetaMask)が推奨されているとのこと。

サンライズコインがユニスワップに上場したあとは、メタマスクと「ユニスワップ」とを接続し、イーサリアム(ETH)を送ることで購入可能となる。

ちなみに、サンライズコイン(SUNC)のコントラクトアドレスは、

「0x692accdd8b86692427e0aa4752ae917df01cc56f」となっており、

こちらをメタマスクでトークン追加しておくことで、SUNCの残高を見ることができるようになる。

なお、サンライズコインの最低購入金額は0.5イーサ(ETH)からで、上限は特に設けられていないとのこと。

なので、購入しようと思えば、いくらでも購入できるようだ。

ちなみに、特別販売セールで買えるコインの単価としては「0.01ドル」となっており、上場後は0.022ドルで売り出されるとのこと。

ということで、特別販売で買えると、2.2倍は確定するといわれている。

ただし、ロックアップという期間が半年間設けられており、その期間は保有枚数の75%を売ることができない状態となる。

ロックアップ自体は売り圧を下げるというメリットもあるが、お金が必要になったときにすぐに引き出せないというデメリットもある。


スポンサードリンク

サンライズコイン(suncコイン)は仮想通貨詐欺ではない?

 

次に、サンライズコイン/サンシーコイン(suncコイン)は、詐欺なのかどうかということについて。

こちらについては、今のところ詐欺かどうかは判断が難しい。

ただ、筆者が個人的に気になるのは、いろんなYoutuberやインフルエンサーによって「激熱です!!」と紹介されている一方で不透明な部分も多い。

例えば、サンライズコインを運営している法人(?)や代表などの情報も現段階においては見当たらない。

要は、「これを買えば儲かる可能性大です!!」ということだけ目立ちすぎて、それ以外の情報が今のところ不透明であるということ。

なお、ホワイトペーパーなどが記載された公式ページについては、6月7日(月)に公開されるとのことなので、そちらにて運営会社などの情報も明かされるのかもしれない。

なので、もしサンライズコインを購入したいと思われる方は、単に「熱い!」という情報だけで判断するのではなく、公式ページが立ち上がった後、ホワイトペーパーやロードマップなどの情報を確認してから検討することをオススメしたい。

ちなみに、恥ずかしながら筆者はインフルエンサーの「熱い!」という情報だけで、よく調べもせず仮想通貨を購入し、色々と損をしてきたので、教訓にしていただけると幸いである。

考察・まとめ

 

サンライズコインの強みとしては、不正ができないオンラインカジノを目指すという点にある。

というのも、コロナ禍による影響で流行っているオンラインカジノでは運営側が不正をしようと思ったら可能だが、仮想通貨のブロックチェーン技術を利用することによって、誰でも監視ができ、不正ができないカジノを実現するという点にある。

さらに、オンラインカジノが利用されることで運営側が得た利益をサンライズコイン保有者に分配されるという特徴もある。

なので、そのオンラインカジノの利用者が増えれば増えるほど、サンライズコイン保有者に多くの収入が入るということになる。

つまりは、ブロックチェーンを使ったオンラインカジノが流行ることによって、サンライズコインの需要も高まり、コインの価値が爆上がりするのではないかと予想されている。

ちなみに筆者は、経済的な事情等もあり、今回のサンライズコインについては手を出さず様子見をさせていただきたいと思う。

ということで、今後もサンライズコインの動向には注視していきたい。


スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP