首相官邸へ意見の書き方!児童手当の減額に関して例文を交えて解説

未だ猛威を振る舞い続けている新型コロナウイルスであるが、コロナの影響により経済は壊滅的なダメージを受けている。

事実、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、数多くの労働者が解雇や雇い止めにあっているという。

なんとも悲惨な状況であるが、そんな中、こういった悲痛の声を上げるべくして、首相官邸へ意見を述べる動きも強まっているようだ。

コロナによる経済へのダメージもある中、最近においては、政府が共働きで高所得の世帯に対する児童手当を減額する方向で検討していることが判明している。

このことから、児童手当の減額に関する否定的な声もネット上で見受けられる。

今回は、児童手当に関する首相官邸への意見の書き方について見ていこうと思う。


スポンサードリンク

首相官邸へ児童手当に関する意見の書き方

 

首相官邸への意見の書き方について、児童手当を取り上げた例文も交えて記載してみたので、ご参考にして頂ければと思う。

《 テーマ 》
●●についての意見(例:児童手当についての意見)

※テーマは分かりやすく記入

《 ご意見・ご感想 》
内閣総理大臣 殿(例:菅義偉)

私は下記の理由から●●を希望(反対)します。(例:児童手当の減額に反対します。)

※必要に応じて賛成や反対などの賛否を記入

※複数の理由がある場合は下記のように箇条書きにすると見やすいので推奨

・(理由を記載)
・(理由を記載)
・(理由を記載)

よって、●●を実施/見送りしてくださいますよう、ご検討の程をよろしくお願い致します。(例:児童手当の減額を見送りしてくださいますよう、ご検討の程、よろしくお願い致します。)

※理由については、実際に自らの身に起こったことであったり、身近な家族や友人・知人に起きたこと、あるいは社会全体に起きていることに対し、有益な提案になるような形で意見を書くことがベストである。

また、実際に困っている事がある場合は、その理由を可能な限り具体的に記載すると良いと思う。

最後の締めくくりの文章としては、ご自身の希望を命令口調であったり、非難する形で行うのではなく、あくまでも建設的な提案という方で、礼節を踏まえた形で書くことが望ましいと思われる。

《 年齢 》
ご自身の年齢を記入(任意・無回答可)

《 性別 》
ご自身の性別を記入(任意・無回答可)

《 住所 》
お住いの都道府県を記入(任意・無回答可)

《 海外の方は国名を記入してください。》(例:United states)

《 E-mail address(半角英数字) 》

※返信を希望の場合は記入必須。ただし、必ず返信があるとは限らない。

以上が、首相官邸へ意見の書き方についての例であるが、決まった型というものはないので、上記を参考の上で、ご自身の言葉を使ってご記入頂ければと思う。

また、例としては、児童手当を挙げさせて頂いているが、ご希望のテーマに沿ってご記入頂きたいと思う。

なお、注意すべき点としては、読み手側の立場に立って、まず結論を最初に持っていき、読みやすいように、改行をしたり、箇条書きにするなどの工夫をすることで、こちらの意見も把握していただきやすくなると思う。

さらに、意見を書く際は、ただ単に怒りなどの感情をそのまま記入するというよりは、「○○のような事情(理由)があるために○○を希望します。」という風に、明確な理由をもって要望などの意見を書くことがオススメである。


スポンサードリンク

首相官邸への意見とまとめ

 

首相官邸への意見については、人それぞれおありだと思うので、それぞれの思いを書き綴っていただければと思う。

なお、政府が児童手当を減額する理由としては、待機児童解消の財源が足りないからということのようだ。

だが、今のコロナショックによる景気悪化に加えて、児童手当を減額してしまうと、少子高齢化がさらに進む懸念があると筆者個人的に思うものだ。

なお、首相官邸へのご意見の際は、「ご意見募集(首相官邸に対するご意見・ご感想)」のページにアクセスすることで、送信することができる。

ちなみに、筆者の場合は、以前に消費税減税に対する意見について記入させていただいたが、特に返信はなかった。

ともあれ、一刻も早く日本の景気回復と、新型コロナウイルスの流行が収束することを願いたいものだ。


スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP