パスモとスイカの違いは?関西で利用する場合にも違いはある!?

PASMO(パスモ)がiPhoneやApple WatchのApple Payで利用可能になってから再び注目を集めている。

もともとiPhoneやApple WatchでSuica(スイカ)を利用することが可能になっていたが、ついに、PASMOも使えるようになったのだ。

PASMOとSuicaの違いの中でも大きかったのは、iPhone等で使えるかどうかだった。

PASMOがApple payに対応してから、Suicaとの違いはあるのだろうか?

また、関西で利用する場合にも違いはあるのか気になるところ。

今回は、パスモとスイカの違いは?という疑問の答えについて解説していきたいと思う。


スポンサードリンク

パスモとスイカの違いは?

 

まず、PASMO(パスモ)とSuica(スイカ)における主な違いであるが、Suicaは「Suicaポイントクラブ」というものがあるが、PASMOは独自のポイントサービスを持たないという点。

ただし、PASMOの場合は、クレジットカードを併用することで、乗車ポイントが付いたり、他の交通機関と連携したポイントサービスもある。

あとは手数料であったり、クレジットカードでチャージをした場合のポイント付与の数が異なったりする。

その他に関しては、多少の違いはあれど、それほど大きな違いというものはなく、SuicaとPASMOの相互利用が可能になってからは、交通機関ではSuicaで利用可能ならば、PASMOでも利用可能である。

また、お買い物ができるお店についても、パスモとスイカの違いはそれほどないようだ。

ちなみに、iPhoneでPASMOやSuicaを利用する場合の違いについては、Suicaの場合は、iPhone7以降から利用可能であるが、PASMOの場合はiPhone8から利用可能となっている。

また、Apple Watchで利用する場合の違いは、Suicaの場合は、Apple Watch Series 2以降のモデルでも利用可能であるのに対し、PASMOの場合は、Apple Watch Series 3以降でないと利用できないので注意が必要となる。


スポンサードリンク

関西でのパスモとスイカの違い

 

次に、関西でPASMO(パスモ)とSuica(スイカ)を利用する場合の違いについて見ていこうと思う。

筆者が調べてみたところ、関西で利用するにおいても、パスモとスイカの違いはそれほど大きなものはなく、交通機関については、相互利用になっているので前述の通り。

また、飲食店やドラッグストアやコンビニエンスストアなど、大手チェーン店のお店であれば利用可能なので、関西で利用することにおいても、特に不便になることはないと思う。

ただ、強いて関西における両者の違いを挙げるとすれば、”知名度の低さ”といったところだろうか。

ツイッターなど、ネットの声を見ると、関西のお店でPASMO(パスモ)で支払うと言ってもなかなか通じないようだ。

もともとPASMOとSuicaは関西の交通機関では利用できなかった点は同じだが、流通している発行枚数はSuicaの方が上回っている。

そして、日本でも多くのユーザー数を誇るiPhoneで、Suicaの場合は2016年10月から利用可能だったのに対し、PASMOは今年2020年10月からApple Payに対応したということでタイムラグがあるのも、知名度の差に繋がっているのではないかと思う。

ただし、結論として、関西で利用する場合のおいても、大きな違いはなさそうだ。

考察・まとめ

 

PASMO(パスモ)における知名度は、特に関西ではまだ広まっていないが、iPhoneやApple Watchで利用可能になることによって、知名度は一気に広がるのではないかと思う。

ちなみに、筆者はもともと関西に住んでいる人間なのだが、恥ずかしながら、最初はSuica(スイカ)の存在すら知らず、スイカ割りの「スイカ」のことと勘違いをしていた。

また、PASMOについても、Apple Payで利用可能になったというニュースを見るまでは、全く知らなかった。

筆者のように、PASMOの存在を知らなかった関西人の方は多くおられるかもしれないが、もしかするとiPhoneなどで使えるようになったことで、関西にお住いの方もPASMOを利用する方が増えていくかもしれない。

そうすると、PASMOで提供されているサービスも、さらに拡充されていく可能性があるので、今後に期待したいところだ。


スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP