ランパス 神戸版20のおすすめはコレだ!!大学生も必見!?

ランチパスポート(ランパス)は、700円以上のランチがなんと!500円(税込)で利用できるという非常にお得な書籍となっているが、今現在においては、最終号Vol.20(有効期限 2019年5月17日~8月29日)が販売されている。

筆者自身も節約をかねて、この機会に色んなお店を回ってみたいと思ったので、ランパスを3冊購入させて頂いた。

まだ、全てのお店は回りきれていないが、筆者が回った中でのおすすめのお店と料理をピックアップしてみたいと思う。

ランパス神戸版Vol.20のおすすめ

 

筆者が回った中での、ランチパスポート神戸版Vol.20おすすめの店舗を以下に挙げてみた。ちなみに、(○P)についてはランパスのページ数となっている。

<キッシーの鶏からあげ三宮店(P36)>
まずは、キッシーの鶏からあげ三宮店の「きしから風ハニーマスタードDON」である。こちらは三宮でとても人気のあるお店で、4年連続で唐揚げグランプリで金賞を受賞されている名店となっている。

ジューシーな唐揚げと、まろやかなマスタードソースがマッチし、絶妙なハーモニーをかもし出す絶品となっている。また、ご飯は無料で大盛りにすることも可能である。

こちらは一度食べるとやみつきになり、何度も訪れたくなるお店である。

<らーめん八番館(P41)>
こちらのお店は、三宮センタープラザにあるお店で、創業してから約20年の老舗のラーメン屋となっている。お店の方の温かい人柄や店内の雰囲気から、アットホームな印象が見受けられる。

ランパスで提供されているメニューは「すき焼き丼とラーメンセット」で鶏ガラベースのさっぱりとしたお味のラーメンと、牛肉を甘めに煮た特製のすき焼き丼となっている。

また、量としても申し分ない為、すぐに空腹を満たすこともできる。

<ON THE CURRY!(オンザカリー)(P39)>
こちらも同じく、三宮センタープラザにあるお店。こちらで出されているメニューは「ジャンボロースカツカレー」で、名前の通り、たっぷりボリュームのある、揚げたてのロースカツに12種類のトッピングから3種類選べるというものだ。

コクのあるカレーに、肉の甘みが合わさり、とても美味しいお味である。ガッツリと食べたいときにもオススメの一品だ。
なお、注文する際は、券売機より購入してからの注文となっている模様。

ちなみに、トッピングの種類としては、「生たまご」、「マッシュポテト」、「キムチ」、「キャベツ」、「にんにく」、「コーン」、「らっきょ」、「福神漬け」、「きゅうりピクルス」、「キャロットアチャール」、「たまねぎ」、「しょうが」となっている。

筆者の場合は、「生たまご」、「マッシュポテト」、「キムチ」の3種類を選ぶことが多い。

<ニーハオラーメン(P32)>
コチラは、ウーロン茶とエビチリ玉子丼としょうゆラーメンのセットメニュー。ふんわりとした玉子がのったエビチリ丼にあっさりとした鶏ガラスープのしょうゆラーメンという、かなりのボリュームメニューであるので、コスパとしては申し分ない内容となっている。

また、こちらのお店は、平日であれば、11時30分~23時30分まで営業、土曜・祝日でも11時30分~21時30分まで営業しているので、ディナーとしても使用可能である。(※日曜は休業日)

ちなみに、PayPay支払いも可能でかつ、2019年7月における”ワクワクペイペイ”というキャッシュバックキャンペーンの対象店舗でもあるので、7月中の11時~14時の間であれば、通常より多くのキャッシュバックを受けることも可能である。

<いずみカリー神戸元町店(P67)>
次に、いずみカリーというお店であるが、こちらはJRの高架下にある欧風カレー専門店である。

提供されているメニューは、「煮込みすじ温玉添えカリー」であるが、量も申し分なく、温泉たまごのまろやかさと牛すじのうまみ、そしてカレーのスパイスが混ざる絶妙な一品となっている。

また、こちらの店員さんはとても優しく、ランパスを使い切った後でも、期間内であればランパス本を見せるだけで、500円で提供して頂けるとのことだった。

<花水木 神戸店(P89)>
こちらは、ハーバーランドのumieにあるお店で、「ネギトロ丼定食」を提供されている。筆者も何度か訪れているが、ネギトロ丼とサラダに加え、ミニそばが3皿というかなりボリューム満点の内容となっている。

ネギトロ丼はとても美味しく、そばにはコシがあり、昆布味の利いたそばつゆも最高である。また、通常の価格は1242円であるので、料金としてもかなりお得感がある。

以上が、筆者の個人的におすすめのお店となっているが、お店が近くになかったり、好き嫌い、アレルギーがおありの方もいらっしゃると思うので、あくまでご参考までにして頂きたいと思う。

なお、ランチパスポートのオススメ情報については、随時更新させて頂きたいと思う。


スポンサードリンク


ランパスの使用時の注意点

 

次に、ランパスを使う際の注意点であるが、筆者自身も失敗したことがあるので、それについてシェアさせて頂きたいと思う。

ランパスを使用するにあたり、まず注意して頂きたいのが、お店の営業日や営業時間である。

店舗によっては、土日祝日が使用不可であったり、お店自体がお休みの場合があるので、その点は事前に確認が必要である。

また、お店の営業時間内であったとしても、1日限定○食というように、制限がある所もあるので、早めに行かないと売り切れてしまい、注文ができない場合もある。

筆者自身も、来店のタイミングが遅く売り切れていたということもあったので、数量が限定されているランチの場合は、開店と同時かその前に訪れるなど、できるだけ早いタイミングで行くことをオススメしたいと思う。

あとは、500円以内くらいの料金が妥当なのではないかなと思える料理もあり、当たりはずれもあったりするので、事前にランチパスポートの本と一緒に、口コミを調べておくと良いかもしれない。


スポンサードリンク


考察・まとめ

 

ランチパスポートは、名前は”ランチ”と付くものの、店舗によっては夜遅くまで使用できるので、”ディナー”としても利用可能である。

また、通常であれば、1500円もする料理でさえ、500円のワンコインで済むこともあるので、社会人の方のみならず、学生の方にも大変おすすめである。

基本的には、現金でのお支払いであるが、店舗によっては、電子マネーでの支払いが可能なお店もあるようだ。

ちなみに、筆者自身も可能な店であれば、PayPayで払うこともあるのだが、その場合はPayPayのキャッシュバックがあるので、実質500円を切った値段で食事をすることも可能なので、かなりオススメである。

ランパス神戸版Vol.20は最終巻となっているので、ご興味がおありの方は是非とも購入し、コストも抑えつつ、色々な料理を楽しんでいただきたいと思う。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

PAGE TOP