クバリーは危険?解約できる?Youtube登録者数やインスタフォロワーを増やせるというがその実態とは…

インスタグラムのフォロワーや、Youtubeチャンネルの登録者を増やすことができるというサービスが最近よく見受けられる。

クバリーもその一つであるが、その評判を見ると、危険なのではないかという口コミも存在するようだ。

フォロワー等を増やせるという反面、デメリットもあるということなのだろうか。

また、クバリーに加入したあとの退会・解約についても気になるところだが、今回は主にこれらの点について見て行こうと思う。

クバリーは危険かどうか

 

クバリーの評価や評判を見ると、「危険」ではないかという意見もあるようだが、それはなぜなのだろうか。

それについて調べてみたところ、いくつか理由はあるようだが、中でも「オートチャージ設定」の評判があまり良くない模様。

というのも、クバリーに入会すると、最初のデフォルトで「オートチャージ設定」が有効の状態になっているのだ。

ここが重要なポイントなのであるが、この「オートチャージ設定」を見落された方が、気づかずにクバリーを利用していると、フォロワーやYoutube登録者数は増えていくものの、知らないうちにクレジットカードからお金が引き落とされるということになる。

というのも、クバリーの仕組みとして、まずポイントを購入し、そのポイントとフォロワーを交換する仕組みとなっているので、フォロワーが増えるとポイント減る。

そして、ポイントがなくなると、「オートチャージ設定」によって自動で継続され、料金が引き落としとなるようだ。

その設定に気づかずに、一旦フォロワーを購入し、その後放置していて、後から気づいたという方が「危険」であると口コミをされている模様。

なお、「オートチャージ設定」については、ポイントを購入する際に、下部のよくある質問のコーナーに説明が記載されており、それによると、初期の段階で「有効」になっているということと、「設定」から「支払い設定」を選択することにより「無効」にできるというもの。

後々のトラブルを避けるためにも、「オートチャージ設定」については、「有効」になっているのか「無効」になっているのかは、しっかりと確認することが必要となっている。


スポンサードリンク

クバリーは退会・解約できる?

 

次に、クバリーの退会・解約方法についてであるが、まず、クバリーのアカウントへログイン。

そして、画面の一番右上にある「設定」を選択。その次に「退会手続き」を選択。

すると、「クバリーを退会する」という文字が出てくるのでそちらを選択すると退会と同時に、解約完了となる。

なお、退会の際には、上記の「オートチャージ設定」が無効になっていることも念のため確認しておいた方が良いと思う。

ちなみに、購入したポイントに対して、解約して、返金を希望したいという場合は、特にそういった項目は見当たらなかったので、その場合は直接運営へ問い合わせが必要になると思われる。

あと、退会・解約時の注意点としては、当然ながら、クバリーの機能を使用できなくなるということと、ポイントも使用できなくなるようなので、ポイント残高を確認の上、解約するのがベターであると思われる。

ちなみに、筆者自身も一度退会し、もう一度登録を試みたところ、同じメールアドレスや、インスタアカウントはすでに登録されています。と表示され再登録ができなかった。

時間を置いたら、再び登録できるようになるかもしれないが、誤って退会をしてしまうと再登録がすぐにできないようなので、その点も注意が必要である。


スポンサードリンク

考察・まとめ

 

クバリーの評価については、主に「オートチャージ設定」が良くないようであるが、その点を注意して使用していれば、そこまで目立った危険性はないように個人的には思える。

なので、クバリーを利用する場合は、ポイント購入後必ず、「オートチャージ設定」が「有効」であるのか「無効」であるのかは確認したいところ。

また、退会をする場合は、前述させて頂いたように、「オートチャージ設定」が「無効」になっていることを確認の上、行った方が予期せぬ引き落としを避けるためにも良いと思われる。

なお、クバリーに限らず、インスタ等のフォロワーを購入して増やすということ自体は、規約違反によりアカウント凍結のリスクも考えられるので、その点においても慎重に判断する必要はありそうだ。


スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP