川前毅の娘・紗菜が吉澤ひとみの件に言及?Facebookやツイッターに注目集まる…!!

現在、株式会社フューチャーカスタムズの社長・川前毅(かわまえ たけし)さんという方がかなりの注目を浴びている。

それは、なぜかというと、この方は元・モーニング娘で、かつて一世を風靡した吉澤ひとみさんの旦那さんであるからだ。

吉澤さんといえば、現在、とある良くないことをしてしまったということで、世間で騒がれているが、その影響で旦那さんがネット上で注目され始めたようだ。

さらに、川前さんの娘さんを名乗る紗菜(ハンドルネーム)さんという方が、ツイッター上に現れ、今回の吉澤さんの件に言及をされているようだ。

また、こうした背景から、ネット上ではSNSの、Facebookや、ツイッターにも注目が集まる形となっている模様。


スポンサードリンク


川前毅の娘・紗菜が吉澤ひとみの件に言及?

 

川前毅さんの妻・吉澤ひとみさんのとある件について、川前さんの娘を名乗る、紗菜さんという方は、「紗菜@ハロパ行きたい(@sanana08012)」というアカウント名でツイッターをされていたようだ。

しかし、残念ながら現在においては、そのツイッターは削除されている模様。

おそらく、ネットで特定され注目を集めてしまったからであると思われる。

紗菜さんは吉澤さんの件で、ツイートをなされていたが、その内容としては、ツイッターでは見ることができないが、ネット上ではそのスクショ(スクリーンショット)が出回っている。

そちらを拝見すると、紗菜さんは父親である川前毅さんに対し、養育費を払っていないことに不満を持ち、吉澤さんの件で、紗菜さんのお母さんと二人で爆笑したとのことだった。

また、養育費不払いに対する不満は相当なもので、長年にわたり、呪いを掛けるほどと、紗菜さんのツイートにて明かされている。

紗菜さんと名乗る方は、現在、中学3年生の方であるようだ。

父親に対する、不満に対して、怒りをぶちまけた紗菜さんであるが、ここまで大きな話題になるとは、ご本人も思っていなかったらしく、後ほどツイッターで、軽率な発言だったということで、謝罪のツイートがなされていた。

なお、紗菜さんのツイッターに関しては、削除はされているものの、アーカイブは残っているようだ。

ちなみに、川前毅さんはバツイチの方で、紗菜さんは、前の妻との間に生まれたお子さんであると噂されている。


スポンサードリンク


川前毅の娘・紗菜のFacebookにも注目が!?

 

川前毅さんの娘さんが、ツイッターで話題になったことにより、ネット上ではFacebookにも注目が集まっているが、探してみたところ、川前毅さんや紗菜さんのFacebookについては、見つからなかった。

川前毅さんに関してはフルネームで検索しても、ヒットせず、紗菜さんの場合は「紗菜」と検索をすれば数名の方が出てくるが、川前さんの娘さんがいるかどうかは不明であった。

また、川前さんの娘さんの本名が紗菜かどうかも不明で、そもそも、紗菜さんが、川前さんの娘であることが判明した出所が判明したのがツイッターだったので、本当に川前さんの娘さんかどうかもはっきりとは判明していないようだ。

川前毅さんに関しては、もしかすると外部からの検索ができない設定にされている可能性もあるが、こちらに関しては判明次第、追記させて頂きたいと思う。

吉澤ひとみの裁判(初公判)はいつ!?

 

とある大変なことをしてしまった吉澤ひとみさんであるが、彼女の裁判(初公判)はいつ?になるのだろうか。

そちらについては、今年2018年の11月末頃、あるいは12月ではないかと噂されている。

その理由としては、一般的に裁判に起訴されてから、2ヶ月後に初公判が行われるからだ。

ちなみに、吉澤さんが起訴されたのは、9月26日頃とのこと。

また、裁判が行われる場所に関しては、東京地方裁判所ではないかと噂になっているようだ。

吉澤さんの場合、刑事裁判が行われると、懲役1~2年は少なくとも科せられるのではないかと考えられる。

考察・まとめ

 

吉澤ひとみさんの件に関して、ニュースを見たときは、筆者も非常に驚かされたものだ。

筆者はどちらかというと、モーニング娘が流行っていたときの世代なので、モー娘のダンスなどを踊っていた頃など考えると懐かしいものだ。

当時、筆者はモー娘のファンであっただけに、今回の件を知ったときはとてもショックを受けた。

ただ、我々人間、誰にでも過ちというのはあると思ので、過去は過去で反省し、前へ向かって歩き出してほしいと願うばかりだ。

そして、吉澤さんには、人間として、さらなる成長をして頂きたいと思う。

また、旦那さんである川前毅さんとも、夫婦二人三脚で、今回の件も含め、これから起こってくる様々な困難を乗り越えて頂きたいと思うものだ。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

PAGE TOP