iOS14にアップデートしない方法とLineで写真送れない現象について解説してみた!

今や、学生の方にとっても生活に欠かせないスマートフォン。

そんなスマートフォンの中でも圧倒的なユーザー数を誇るiPhoneで、待望のiOS14がリリースされた。

今回のアップデートはかなり便利な新機能が追加されており、革命的に仕様が変更されている。

そんな中、不具合であったりバグも見受けれられるようだ。

また、アプリとの相性であったり互換性の問題で、アプリの開発元がiOSの仕様変更に追いついておらず、普段使っているアプリが使えなくなるということもある様子。

iOSのリリース直後であると、そういったことはある程度は仕方がないと思われるが、こういった背景もあり、アップデートせずに様子を見られたい方も一定数おられる模様。

アプリに関しては、ほとんどの方が使用されているLINEにて、アップデート後に写真が送れないという報告もあがっているようだ。

ということで今回は、iOS14へアップデートしない方法及び、LINEで写真送れない現象の解決方法について焦点を当ててみようと思う。


スポンサードリンク

iOS14にアップデートしない方法

 

まず、iOSにアップデートしない方法であるが、予期せぬアップデートを防ぐためには、自動アップデートを無効にしておく必要がある。

その方法であるが、まず、「iPhoneのロック解除」→「ホーム画面」→「設定App」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」→「自動アップデートをカスタマイズ」という順番にタップする。

すると、「自動的に行う操作」という項目が表示され、その下に、「iOSアップデートをダウンロード」という文字が表示される。

この「iOSアップデートをダウンロード」をオンにすると「iOSアップデートをインストール」という文字が表示され、オンとオフを切り替えられるようになる。

ここで、アップデートしない方法としては、「iOSアップデートをダウンロード」をオフにすることで可能となる。

なお、iOSアップデートをダウンロードはするが、インストールはしないという場合は「iOSアップデートをインストール」をオフにすることで可能となっている。

ちなみ、手動でアップデートを行う場合も同じで、「ダウンロードしてインストール」をタップしてダウンロードが完了した後に表示される「インストール」ボタンを押さなければ、ダウンロードした状態をキープすることもできる。

また、うっかりダウンロードしてしまった場合も、「設定App」→「一般」→「iPhoneストレージ」とタップするとダウンロードしたiOSが表示されるので、そちらをタップして「アップデートを削除」をタップすれば、ダウンロードしたアップデートを削除することもできる。

しかし、うっかりインストールをしてしまうと、アップデートが完了してしまうので、iOSにアップデートせず様子を見たいという場合は、ダウンロードも一旦しない方が無難である。


スポンサードリンク

Lineで写真送れない現象の解決方法

 

iOS14にアップデートした後に、LINEのアプリで、「写真送れない」と嘆く声もあがっているようだが、こちらに関しては設定の変更により改善する可能性が高い。

その方法としては、「iPhoneのロック解除」→「ホーム画面」→「設定App」→「LINE」という順番にまずタップを行う。

その後、下部に表示される「写真」の項目を見ていただきたいのだが、おそらく「選択した写真」になっているのではないかと思う。

アップデート以前は、「許可しない」か「読み出し/書き込み」という表示だったと思うが、アップデート後は、「許可しない」、「すべての写真」、「選択した写真」という項目に変更されている。

Lineで写真送れない現象を解決するための結論としては「すべての写真」を選択することにより解消される。

なお、「選択した写真」については、指定した写真のみしか表示されなくなるというもので、プライベートを保護する観点から、予期せぬ写真のアップロードを防ぐために追加されたものと思われる。

iOS14のまとめ

 

iOS14へのアップデートをすることについては、最初は色々バグなどが発生するかもしれないが、非常に多くの新機能が追加されるため楽しみでもある。

筆者はまだ、アップデートをしていないのだが、個人的に楽しみなのが、「ピクチャ・イン・ピクチャ」という機能だ。

この機能を使えば、例えばメモなど、他のアプリを立ち上げていても、動画を再生することもできるのだ。

例えば、Youtubeを利用する場合、「YouTube Premium」に加入していなくても、バックグラウンドで動画を見たりすることもできるので、かなりメリットは大きいのではないかと思う。(※注 Youtubeアプリのバックグラウンド再生は不可のため、ブラウザのSafari等でYoutubeを立ち上げる必要あり)

もちろん、広告なしなどの「YouTube Premium」ならではのメリットはあるので、それはそれで有意義なのだが、筆者のように無料でYoutubeを使用しているユーザーからすれば非常にありがたい機能である。

筆者もアップデートに関しては、少し様子を見つつも、「ピクチャ・イン・ピクチャ」を楽しみにアップデートしてみたいと思う。


スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP