フォルマント遷移とは何かわかりやすく解説!周波数が関係しているというがその謎に迫る!!

皆さんは「フォルマント」や「フォルマント遷移」というものお聞きになったことがあるだろうか?

フォルマントという言葉を筆者が知ったのはつい最近の話であるが、歌い方など発声練習を学んでいると耳にすることがあるのではないかと思う。

筆者の場合は、より高音域で歌えるようになりたいと思い、学んでいたところ、フォルマントという言葉にたどり着いた。

ただ、フォルマントの内容については、本やネットの情報を見てもなかなか難しく解説されており、理解が難しいものとなっている。

なにか周波数というものが関係しているようだが、今回はその内容について筆者なりにわかりやすく解説してみようと思う。


スポンサードリンク

フォルマントをわかりやすく解説

 

「フォルマント遷移」について解説する上で、まずは「フォルマント」についてわかりやすく言及していこうと思う。

フォルマントとは、特徴的な音の周波数の部分として表されており、それ自体は例えば「スペクトラムアナライザ」と呼ばれるような電気計測器によって、周波数を計り、図式化することによって可視化することができるようだ。

つまりは、周波数をグラフで表したときに、特徴的に強く現れる部分をフォルマントと呼ばれたりする。

さらに言うと、まず発声をしたときに母音というものが存在するのだが、フォルマントによって、その母音の音質が決定されるというもののようだ。

ということは、普段発声する「あ(a)、い(i)、う(u)、え(e)、お(o)」の母音については、フォルマントによって音質が決定されているとわかりやすく言い換えることもできる。

そして、フォルマントと呼ばれる部分については、音声の周波数をグラフ化して表すことにより、判明するといったものとなっている。

また、フォルマントについては、音の倍音成分が強められる位置の特徴とも言われたりするようだ。


スポンサードリンク

フォルマント遷移とは?

 

次に、フォルマントに関連する「フォルマント遷移」とは何か?ということについて解説していきたい。

フォルマントについては上記のように、母音を発音したときに、特徴的な周波数の波が発生する部分を指すものということだが、フォルマント遷移に関しては、発声における次の音への準備から、実際への移行の部分を表すようだ。

例えば、「か(ka)、き(ki)、く(ku)、け(ke)、こ(ko)」と発声したときに、音から音へ移り変わるタイミングで、周波数に変化が訪れる。

これをわかりやすくいうと、その変化の部分をフォルマント遷移というようだ。

また、母音と子音の間には、その変化が訪れる部分を指す、「フォルマント遷移部」というものが存在する模様。

なお、フォルマントの遷移に関しても同様に、視覚的に確認するためには、周波数を計るグラフを用いる必要がある。

今回はとても簡単に解説させて頂いたが、筆者は専門家ではないため、フォルマントやフォルマント遷移についてもっと詳しく知りたいという方は、音楽の専門家や医学の専門家等にお聞き頂けると幸いである。

考察・まとめ

 

「フォルマント」と「母音」とは密接な関係にあり、母音を変化させるにはフォルマントの変化をさせる必要があり、フォルマントの変化については、声道を操作することによって可能となる。

なお、声道については、大まかにいうと、声帯のある声門から唇や鼻まで間の部分を指す。

フォルマントの操作については、ヴォイストレーニングにおける効果的な練習方法として、今も研究がなされている分野であるようだ。

また、近代科学技術をもってしても、未だ人体の発声メカニズムについて解き明かされていない部分もあるため、フォルマントを上手く生かしたトレーニングも含めて、ヴォイストレーニングにおける今後にあり方に注視していきたいものだ。

そして、筆者自身も日々、ヴォイストレーニングに打ち込んでいきたいと思う。


スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP