どこもろ座は星座?聖闘士の聖衣としてネット上で爆誕していた件に迫る!!

ドコモと提携のある銀行で、不正にお金が引き出されていた件でドコモが記者会見を行い、「全額補償」する方向ということで、一旦は落ち着いているような状況だ。

そんな中、ネット上では”どこもろ座”というワードが急浮上している。

これは、どういうことなんだと調べてみたところ、どうやら、「ドコモ口座」と「ドコモロ座」を見間違えた方がおられるようで、「どこもろ座」という星座が誕生したのかと勘違いされる方が続出した模様。

言われて見れば、確かに口座の「口」という漢字と、ラリルレロの「ロ」という時は結構似ている。

さらに、どこもろ座については聖闘士の聖衣としても誕生しているようだが、今回はその事実に迫ってみようと思う。


スポンサードリンク

どこもろ座は星座ではない

 

まず、「どこもろ座」について記事冒頭でも申し上げたとおり、こちらは「星座」ではないので、誤解のないよう、是非ともご注意いただきたいと思う。

念のため、NASAのサイトなどを調べ、「どこもろ座」という星座が新たに発表されていないかということも調べてみたが、残念ながら該当するような項目はなかった。

ということで、やはり「どこもろ座」という星座は存在せず、「ドコモ口座(どこもこうざ)」から派生してネットユーザーなどの誤解により生まれたものであると考えられる。

口座(こうざ)の「口(こう)」という字と、カタカナの「ロ(ろ)」という字はやはり、見間違えやすいのだが、見分けるポイントがある。

「口(こう)」と「ロ(ろ)」という字をよく見比べていただきたいのだが、口(こう)と比べてロ(ろ)の方が小さめの四角い枠になっていることが分かると思う。

ざっくりいうと、四角い枠が大きいのが口(こう)、枠が小さい方をロ(ろ)という風にご認識いただければ幸いである。


スポンサードリンク

どこもろ座の聖闘士爆誕へ

 

どこもろ座という星座は実際には存在しないものの、ネット上では、どこもろ座を聖衣(クロス)にした聖闘士。がすでに存在刷る模様。ということで、以下のツイートをご覧いただきたいと思う。

なお、聖闘士というのは、車田正美氏の漫画「聖闘士星矢」の作中で登場する「聖衣」を装備して戦う戦士たちのことを指すようだ。

また、どこもろ座の聖闘士については、ネット上にて、「鋼鉄聖闘士」か「青銅聖闘士」なのか、あるいは「白銀聖闘士」、「黄金聖闘士」 のいずれかなのかと様々な意見が挙がっているようだ。

ちなみに、NASAにより「ゴジラ座」が発表されたときも、聖闘士による聖衣化が話題になっていたが、個人的には、ゴジラ座vsドコモロ座という構図ができたら、なかなか面白いのではないかと思う。

ただ、名前からして、ゴジラ座の方が強そうではあるが…。

考察・まとめ

 

ドコモ口座事件については本来、星座の話題ではなく、ドコモ口座を開設していなくても、ドコモと提携する35銀行を利用しているだけで、口座残高の有無に関わらず、お金が抜かれてしまうという恐ろしい事件である。

しかし、それとは裏腹に、どこもろ座の聖闘士が誕生するという、ほっこりとした話題がかぶさるのはとても珍しい現象だ。

ドコモ口座事件については、今後も口座残高を確認するなどの対策が必要となるが、どこもろ座についても、聖闘士としてどのようなイラストが作成されるかにも今後、注目が集まりそうだ。


スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP