DiDiフード配達員の置き配と写真の撮り方とは?

筆者は、DiDi Food(ディディフード)配達を始めて1ヶ月ほどになる。

最初はDiDiフードの配達を行う上で、アプリの操作などでもたついていたが、今では少しずつ慣れてきた。

そんな中、置き配を希望される方もいて、置き配を何回か経験した。

ただ、置き配も最初の頃はスムーズに行うことができなかったので、

今回はDiDiフード配達員を行う上での置き配のやり方や注意点、

そして置き配の際の写真の撮り方について解説してみたいと思う。

目次

 


スポンサードリンク

DiDiフード配達員で置き配をするやり方

 

DiDiフードの配達員をする上で、置き配を行う流れとしては、お店から料理を受け取り、DiDi配達アプリの「受取」という部分をスワイプする。

すると、アプリ上にお届け先の住所が表示されるが、その時に「ドアの外に配達」と表示された場合は、お客様が「置き配」を希望されているということなので、置き配を行うこととなる。

それ以外にも、備考欄に置き配を希望する旨が記載されていたり、メッセージで玄関の外に置いてくださいと送ってこられる場合もあるので、注意したいところだ。

置き配をする場合は、基本的にはDiDiフード配達アプリある研修資料の通りで、お客様の指示に従うこと、汚れている場所等に置かない、置いた後は連絡する、置いたら写真を取るという作業が必要となる。

ただ、置き配の手順の中でもいくつか気をつけておきたい点がある。

まずは、置き配をする上で、汚れていたり、濡れている場所に置くのはNGというルールがDiDiフードにあるが、基本的に置き配の場合は何か下に敷く物を用意しておいた方が良い。

筆者の場合は、DiDiフードの研修資料で推奨されているキッチンペーパーを持参し、置き配の際は必ずキッチンペーパーを下に敷いている。

ただ、一度だけキッチンペーパーを切らし、困ったことがあったので、配達の前にキッチンペーパーやその他、料理の下に敷ける物があるかはチェックすることをオススメしたい。

もう一つ、特に注意したい点としては、置き配をした後にお客様に連絡をすることを忘れないようにするという点。

これは筆者自身が何度かやらかしたのだが、置き配をした直後に、DiDi配達アプリの「受渡完了」という部分をスワイプしてしまったのだ。

「受渡完了」をスワイプすると、その後でお客様にメッセージを送ることができなくなってしまうので、必ず先にメッセージや電話で連絡を取る必要がある。

また、置き配完了のメッセージについては、現時点でアプリ上にテンプレートが用意されていないので、あらかじめ置き配が完了した旨を伝えるメッセージのテンプレートをメモ帳などのアプリに保存しておくこともオススメしたい。


スポンサードリンク

DiDiフードで置き配の写真を撮るには?

 

置き配をする上での写真の撮り方については、スマートフォンにあるカメラアプリを起動し、料理とドアの部分が映るように撮影をすれば問題はないと思われる。

置き配の写真については、特に提出が求められるものではないが、後々のトラブルを避けるために必ず撮っておくことをオススメしたい。

筆者の場合、置き配をした後の写真を何度か撮り忘れてしまったことがあったので、慣れない間は置き配の手順をスマートフォンのメモ帳アプリに入力したりや紙に書いたりなどして、すぐに見れるようにするのも一つ方法としてありかもしれない。

考察・まとめ

 

DiDiフードの配達員をしている中で置き配を希望される方はわりと多くいらっしゃるが、その理由としては昨今の新型コロナウイルスの影響もあるのかもしれない。

要するに人との対面を避け、極力接触しないようにしたいという要望があるのだと思う。

ただ、筆者は置き配が慣れない頃に、置き配を完了したというメッセージを送ろうと、あたふたしていたときにお客様が玄関から出てきてしまったことがあった。

なので、置き配をした後はすぐに玄関から立ち去ってマンションの外の邪魔にならないところでメッセージを送ると良いかもしれない。

ということで今後も、置き配に関して注意すべき点があれば、追記・更新していきたいと思う。


スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP