コロナハラスメントが学校でも?家族の相談窓口についても解説!

セクハラやパワハラ、カスハラなど続いて近年では、コロナウイルスの影響から、コロナハラスメント(コロハラ)と呼ばれるようなハラスメントが存在しているようだ。

コロハラとはいわゆる、コロナウイルスに感染した、もしくは感染が疑わしき場合に、不当な扱いを受けたり、差別やいじめ、嫌がらせなどがなされる場合に該当するものだ。

こういったコロハラについては、学校などの教育現場でも見られるようだ。

今回は学校でのコロハラの現状であったり、実際に学校に通うお子様がコロハラにあった場合、ご家族の方含む、相談窓口はどこなのかについても見ていこうと思う。


スポンサードリンク

コロナハラスメントが学校でも行われている?

 

小学校や中学校などの教育現場では、以前から”いじめ”に対してどのように対処していくべきか、議論されているが、前述させて頂いたように、コロナウイルスもその一つのきっかけになることがあるという。

実は、筆者自身もいじめにあっていた経験もあり、苦痛と絶望を日々味わっていたのだが、コロナウイルスはそういったいじめなどに対し、どのような影響をもたらすのだろうか。

それは、コロナウイルスに感染しているかいないかに関わらず、親など家族が、コロナウイルスの患者を診る病院に勤務していたり、ご家族に中国人の方がいるというだけで、いじめなどのコロナハラスメントにあってしまうことがあるという。

これは例に挙げると、家族の方が犯罪を犯してしまった場合に、自分も犯罪者扱いされるものと近いと思う。

もちろん、その場合も理不尽ではあるが、コロナウイルスの場合は特に、自分の意思に反して、感染する可能性があるというもので、それに対していじめや差別などを受けるのは、全く持って不当であると考える。

今でも実際に、コロナウイルスに関連する、差別的なあだ名をつけられ、いじめなどのハラスメントを受けている学生もいるとのことで、本当に耐え難いことであると思う。

筆者も、いじめの辛さは今でも鮮明に覚えており、やられる側としては本当に絶望しかない。

学校などの教育現場においても、いじめに合うと、どのような気分を味わうのかという、相手の心理を理解できる環境。

そして、いじめなどハラスメントを起させないという環境作りを、先生や生徒、家族など全員で常に心がけていくことが重要であると思う。


スポンサードリンク

コロナハラスメントに対する家族の相談窓口

 

小学校や中学校、高校などにお子様が通われていてコロナハラスメントにあった場合、ご家族の方はどこに相談をすればよいのだろうか。

まず、一番に思いつくのは学校の先生や、教育委員会に相談というのがあると思う。

その他にも、文部科学省が設けている「24時間(じかん)子供(こども)SOSダイヤル」0120-0-78310もある。

詳しくは、文部科学省のサイト「https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1306988.htm」を参照いただければと思う。

また、コロハラはひどい場合に人権侵害にもなりうるので、その場合は、法務省のサイト「http://www.moj.go.jp/JINKEN/index_soudan.html」にて、各種相談窓口の一覧があるので、そちらを参照していただければと思う。

なお、法務省の相談窓口については、成人の方でも相談できる窓口もあり、コロハラに合い、人権侵害になり得るほどであれば、相談してみるのも良いかもしれない。

考察・まとめ

 

コロナウイルスに関しては、緊急事態宣言が解除され、落ち着いたと思ったら、最近に入り再び猛威を振るっている。

コロナ流行の第2波が訪れているとも言われている中、こうしたコロナをきっかけにハラスメントが行われるというのは、非常に嘆かわしいものである。

コロナウイルスの脅威から、冷静さを失い、いじめや嫌がらせなどのハラスメントを行ってしまうということもあるかもしれないが、こういう時だからこそ、お互いを思いやり、助け合うことが重要であると思う。

コロナウイルスの流行もいつまで続くか不明だが、一刻も早く収束し、日本に限らず全世界の方が、安心して暮らせるようになることを祈りたい。


スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

PAGE TOP