中川俊直 嫁のがん病名とは?何癌で闘病されているのか。部位が乳がんの噂は本当なのかに迫る

自民党衆院議員で経済産業政務官の中川俊直氏が今物凄く注目を集めているが、それは、「重婚ウエディング」かつ「ストーカー」のスキャンダルにより、世間ではかなりの騒ぎになっているようだ。これは前代未聞の”ゲス不倫”の勃発といえるのではないだろうか。

その浮気相手は前川恵さんという方であるが、中川氏は嫁がいて子供もいてその状況で重婚ウェディングを行うというのだから、相当に際立った行動に出られているといる。

さらに、中川氏の妻はがんで闘病中とのことであるが、何癌なのかということでその部位・病名に注目が集まっているようだ。
ネット上では”乳がん”と噂になっているがこれは本当なのであろうか。


スポンサードリンク


◆中川俊直の嫁が乳がん!?◆

中川俊直の嫁が何癌で闘病されているのか、その具体的な病名・部位については、調べてみたところ詳細は不明であった。
なので、ネットで噂になっている乳がんであるのかどうかも不明だったが、それにしてもなぜそのような噂が流れているのだろうか。

それに関しては女性多いがんとして一番に思いつくのが「乳がん」であるからのようだ。
乳がんといえば、あの小林麻央さんも闘病されており、ブログを書かれているが、中川氏の嫁も同じような状況にあるのだろうか。

ちなみに、乳がんでお亡くなりになる女性の人数は年々増加傾向にあり、特に30~64歳の間では一位となるほどの脅威となっている。
加えて、国立がん研究センターがん対策情報センターによると、現在では11人に1人の女性が患う身近なものとなっている。

あの小林麻央さんも34歳という若さであるが、乳がんのステージはすでに末期の「4」となっている。

中川俊直氏の嫁に関しては一般人であるので、何癌なのかという部位・病名や、がんのステージなどは不明だが、いずれにしても、このような状況で不倫をするという中川氏の行動には反感の声が多く上がっているようだ。

◆中川俊直のスキャンダルについて◆


2017年4月18日にて中川俊直経済産業政務官の辞任が政府により発表されているが、その理由は「一身上の都合」としている。
そして、その「一身上の都合」の中身は物凄く濃厚で一筋縄ではいかないものだった。

具体的には、まず中川氏は既婚者でありながら、不倫・浮気をされていたのだ。その浮気相手の名前は前川恵さんという方で、中川さんと同じく政治家の方であり、衆議院議員としてご活躍されているとのこと。

ちなみに、前川さんとの不倫は2017年3月にフライデーで「真夜中の密会」ということで報じられている。
前川さんとは「重婚ウェディング」をしていたとのことであるが、関係は上手くいっていたのかというとそうではなく、後に揉めることになり、警察に「ストーカー登録」までされてしまったとのことだ。

政治家の方が不倫をしていたということだけでも驚きであるのに、その上、「重婚ウェディング」、「ストーカー登録」とはまさにびっくりすることだらけといったところだろうか。

ちなみに、ストーカー登録とは何なのかというと、ストーカー対策として構築された「犯罪被害防止等即時対応システム」と呼ばれるもので、被害者が事前に被害内容を警察に報告し登録しておくことで、スピーディに警察が駆けつけることが可能になるという画期的なシステムであるようだ。


スポンサードリンク


◆中川俊直の不倫相手


中川俊直衆院議員の浮気相手・前川恵さんとはどのような方であるのかということで、まず彼女の画像については以下となっている。

前川さんは、1975年8月16日生まれの方で現在41歳の方ということだが、画像を見る限りなかなか美人な方ではないだろうか。
ちなみに前川さんは幼稚園の頃から学習院に通われており、中学生・高校生のときはアメリカ留学をされていたそうだ。
そして高校卒業後は、慶応義塾大学へ進学し、大学卒業後は、なんと!料理研究家として活動されていたようだ。

さらに、一般財団法人の日本フードバンク協会を含む食品関連の3団体のトップとしても活躍し、2014年12月には衆議院議員総選挙に当選し、現在は自民党の衆議院議員としてご活躍されている。

ちなみに、中川俊直氏と前川恵さんの出会い・馴れ初めについてはフライデーによると、前川さんが2014年12月に世間からバッシングを受けている時に、中川氏が先輩議員として優しく励ましたことによるものだったそうだ。

◆考察・まとめ◆


昨年もかなり”ゲス不倫”の嵐が吹き荒れたが、今年2017年に入ってもどうやらそれが続きそうだ。
ベッキーと川谷絵音さんの不倫から始まり、イクメン議員でもあった宮崎健謙介氏の不倫、そして「五体不満足」の著者としても有名な乙武洋匡氏の不倫。

そして今回の中川俊直衆院議員の不倫スキャンダル。数えたらきりがなさそうであるが、日本は「一夫一婦制」であるので、不倫をすれば女性の反感を買うだけでなく社会的にも問題視される。

例えそのことを理解していたとしても、抑えられないのが”男性の本能”というものなのだろうか…。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP