陽キャラの顔がうざい?特徴が嫌いで怖いと思う心理にも迫ってみた!!

あまり目立たない根暗なキャラとして、一般的に学生達の間で、「陰キャラ(インキャラ)」と呼ばれたりするが、それとは対象的に、やたら目立つ明るい人を指す「陽キャラ(ヨウキャラ)」という言葉もあるようだ。

筆者自身も大学生時代までは、どちらかというと、オタクかつ根暗な性格だったので、陰キャラ、通称「陰キャ」と呼ばれる方であった。

その当時はヨウキャラと呼ばれる人の顔を「うざい」と思ってしまったり。彼らの特徴が「嫌い」、「怖い」といったような感情が巻き起こった記憶がある。

一方で、彼らのようになりたいという、一種の憧れのような感情を持っていたのも覚えている。

ということで今回は、陽キャラ、通称「陽キャ(ヨウキャ)」にスポットを当て、筆者自身の体験も踏まえながら、彼らの顔や特徴について迫ってみたいと思う。


スポンサードリンク


陽キャラの顔をうざいと思う理由とは?

 

筆者自身も学生時代は、陽キャラと呼ばれるような人物の顔を見るたびに”うざい”という気持ちになったが、それはなぜなのだろうか。

それを解き明かすにあたり、まずは「陽キャラとは?」ということについて見ていこうと思う。

陽キャの意味については、冒頭でも申し上げた通り、一般的に明るく目立つキャラ、いわゆる陽気な人物(キャラクター)ということになる。

しかし、性格が陽気であるということは全く関係なく、学生の中でも、権威のある、いわゆるスクールカーストにおいて、より上の立場にある人やグループを指す場合にも用いられる。

筆者が学生時代の時はどちらかというと後者、つまり、性格は関係なく、スクールカーストにおいて上の立場にいる人が陽キャラと呼ばれていた。

そして、逆に陰キャラについても、明るいか暗いかなどの性格に関わらず、スクールカースとにおいて弱い立場にあり、ヨウキャのパシリに使われたりするような人が陰キャなどと呼ばれていた。

また、インキャと呼ばれる人はいじめの対象になったりすることもある。

そして、ヨウキャと呼ばれる人は比較的、ケンカが強く、彼らの味方をする人も多いので、彼らに逆らうと、敵が増えることになるのだ。

そういった背景から、ヨウキャラと呼ばれる人物を恐れ、彼ら(彼女ら)の顔や行動などに、「うざい」という気持ちや、苦手意識を持つようになる、ということも一つ考えられる。

その他にも、彼らのような憧れの気持ちがありつつも、彼らのようになれないというコンプレックスから、苦手に思うという側面もあると思う。

ちなみに、筆者も学生の頃は、「生姜焼き弁当」などを買いに行かされたり、気に入らないからという理由で、空手が得意な方に、「パンチ」や「キック」を食らわされたり、制服をビリビリに破かれたりと散々な目に合っていた。

そういったこともあり、彼らの顔を見るだけでも”うざい”といったような感情を抱き、かなり苦手意識を持っていたのである。

また、ヨウキャと呼ばれる、特に男性の顔の特徴としては、妙な目力があり、威圧感やオーラ、迫力を感じる。

逆に、目が死んでいると言われていた筆者は、彼らと目を合わせることさえも中々できなかったのだ…。

ただし、ヨウキャと呼ばれる人みんながみんな、そういった悪い人物ではないので、その点は誤解のなきようお願いしたいと思う。


スポンサードリンク


陽キャラの特徴と「嫌い」や「怖い」と思う心理

 

次に、陽キャラの特徴を”嫌い”や”怖い”と思う心理についてだが、それを解き明かすにあたり、まずは、彼らの特徴を以下に、ピックアップしてみた。↓

★髪型や服装などの流行に沿ったオシャレに気遣っている。

★好奇心の強さから、不良・やんちゃな側面がある(まじめなタイプの人もいる)。

★テンションが高く、顔もイキイキとしている。

★目力がある

★オラオラ系が多い

★声が大きく、覇気を伴っている。

★自身に満ち溢れていて、失敗を恐れない。

★特に男性であればスポーツが上手い(何かしらのスポーツをしている)。

★自分の思った事をしっかりと発言することができ、信念に従った行動を取る。

★男女関係なく、誰にでも話しかけることができ、会話のネタになる引き出しを多くもっている(異性ともつるむことができる)。

★異性にモテる(彼女・彼氏がいる)

★イケてる友達が多い

★精神面は強気であり勝気でもある(勝負事では絶対に自分が勝つと信じ込んでいる)

以上が、筆者の経験も踏まえて、考えられるヨウキャあるあるの特徴となっているが、これらを総合して思うのは、やはり、リアルに充実している、いわゆる”リア充”に該当する人達が、陽キャと呼べるのかもしれない。

そういった彼らの特徴をなぜ、「嫌い」や「怖い」と思うのかということについては、自分もそうなりたいのにという”嫉妬心”の裏返しであったり、彼らの勢いに気圧されて”怖い”という感情を抱くのではないかと思われる。

ただ、筆者の主観も入っていると思うので、あくまでご参考までにしていきたいと思う。

ちなみに、陰キャラ(インキャラ)の特徴については、「インキャラの特徴とは?見た目(顔)がかわいい女子なら恋愛対象になる!?」の記事にて述べさせて頂いているので、よろしければ、こちらもご参考にして頂ければと思う。

考察・まとめ

 

「陰キャラ」と「陽キャラ」ではどちらかというと、陽キャの方になりたいと思われる方も多いのではないかと思う。

無論、社会人になれば、ただ単にそれだけでなく、仕事ができるかどうかという点なども大きなステータスになるので、ただ単にそれだけでは人生の質は決まらない。

しかし、学生の方であれば、ヨウキャラになるにはどうすればいいかと思われる人もいるかと思う。

ヨウキャになる方法というのは、色々あると思うが、筆者が思う一番手っ取り早い方法はおそらく、自分自身もヨウキャラと呼ばれる人たちのスタイル(行動・考え方)をまねして、そのグループに気に入られて、仲間入りすることであると思う。

「朱に交われば赤となる」ということわざもあるように、そういった人達と一緒にいることで、自分の同じような人間に変わっていく。

実際に、筆者の友達の中でも、そうして変わっていった人を何人も見ている。

ただ、ヨウキャが良い悪いは別として、自分が尊敬する人やグループに近づいて、その人たちの仲間になってモデリング(対象となる人のマネ)をし、自分の中に取り入れるというのは、社会人になっても有効であり、今後の人生においても役立つ知識であると思う。

ちなみに、筆者自身も、一流の尊敬できる人物のモデリングを心がけ、日々の生活において実践をしている。

こういった考え方は、物事を習得するに当たっても、結構役に立ち、人生の成功に向けて近道となるので、是非ともご参考にしてみてはいかがだろうか。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP