ワチラロンコン皇太子の刺青(タトゥー)や評判について!タイ・プミポン国王の後継者の人物像が明らかに!?

現在、タイのプミポン国王の息子である、

ワチラーロンコーン(ワチラロンコン)皇太子が注目を浴びているようだ。

その理由は、プミポン国王の後継は、

ワチラーロンコーン王子が指名されたとのことがきっかけのようだが、

今回は気になる話題となっているワチラロンコン皇太子の、

刺青(タトゥー)に関する情報や、評判について迫ってみたいと思う。


スポンサードリンク


◆タトゥーはボディペイントだった!◆

ワチラロンコン皇太子のタトゥー(刺青)に関しては、

どうやらボディペイントだったそうで、

実際に彫ったというわけではないとのこと。

ちなみに余談であるが、タトゥーや刺青は、

日本では、アウトロー的なイメージがあり、

評判はあまり良くないが、実はタイではそうではないようだ。

なんでも、高僧の方により彫られたものには、

「功徳」が込められており、不吉な出来事から身を守る、

日本でいう、お守りの効果をもっているという考え方も、

タイ国民には浸透しているとのこと。

なので、どちらかといえば、”神聖”なものというイメージのようで、

その点は国の文化の違いといえるかもしれない。

ただ、前述させて頂いた通り、ワチラーロンコーン皇太子の場合、

本物の入れ墨ではなく、ボディペイントであったので、

オシャレという意味合いの方が強いかもしれない。

なお、ワチラロンコン王子のタトゥー写真については、

googleやyahoo!の画像検索で調べても、見ることができるようだ。


スポンサードリンク


◆皇太子の評判は…◆

次に、ワチラロンコン王子の評判について見ていきたいと思う。

しかし、評判については、あまり詳しく触れると、

「不敬罪」にあたるとのことであるので、

詳細に関する記載は控えさせて頂きたいと思う。

ただ言えるのは、聞くところの噂によると、

物凄く良いというわけではないらしい…。

また、詳しくは、ワチラーロンコーン王子に関する、

Wikipediaをご覧頂きたいと思うが、

もちろん、Wikiやネット上に出回っている情報が、

100%正しいとは限らず、評価の仕方、

物事のとらえ方というのは人それぞれであるので、

一概にこうだ、ということは言えない。

また、過去あったことを踏まえ、人は成長するということもあり、

それが必ずしも良くないということはなく、

むしろいい結果につながることもある。

なので、ネット上にある評判というのが、

必ずしも正しいということではないので、

先入観無しに、見て頂くと、

物事の本質というのが見えてくるかもしれない。

◆考察・まとめ◆

ワチラロンコン皇太子が、王位継承されるということで、

様々な噂が話題となっているが、

やはり、最も重要なのは、新たな国王が、

どのようにして、国を治めていくのかということにあると思う。

プミポン国王は国民の為に尽くし、

支持も高かったということであるが、

プミポン国王の息子であるワチラロンコン王子も、

正式に王位継承となれば、タイをさらに、

素晴らしい国へと発展することに、ご尽力されるかもしれない。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP