WANIMAのKENTA(松本健太)はオッドアイ?母親はいないとの噂もあるが本当なのだろうか…

今や2017年も7月下旬ということで夏の暑い時期となるが、個人的にこの時期といえば、大人気ロックバンドWANIMAの「ともに」という名曲が聴きたくなるものだ。

ということで今回は、筆者自身が気になった「WANIMA」のボーカルKENTA(松本健太)さんに関する噂について取り上げていきたいと思う。

ケンタさんには”オッドアイ”ではないかとネットで話題となっており、さらに母親は死去しており、今はいないという噂もあるようだ…。

果たしてこれらの噂は本当なのであろうか。


スポンサードリンク


◆WANIMAのKENTAがオッドアイの真相について◆


WANIMAのKENTAさんはオッドアイなのではないかとネットで話題となり、数多くの検索もなされている。

その驚くべき事実について調べていたところ、どうやら彼がオッドアイというのは本当のようだ。

こちらに関しては”百聞は一見しかず”ということで、以下の画像をご覧頂きたいと思う。

こちらのツイッターにてアップされたケンタさんの画像を見ると、右目の色が「黒」と「茶色」が混ざった色になっているのが分かると思う。

また、カラーコンタクトを使用すればこのように見せることも可能であるが、それにしても、片方だけに入れるというのは不自然なので、おそらく本当に彼はオッドアイなのではないかと思う。

ちなみに、「オッドアイ」とは、虹彩異色症(こうさいいしょくしょう)とも言われ、左右の目の色が異なる場合に使用される。


スポンサードリンク


◆WANIMAのKENTAの母親はいない…?◆


WANIMAのKENTAさんの母親がいない噂される理由については調べていたところ、同バンドが披露する曲にあるようだ。

彼らが披露する曲には「THANX」という曲があり、その歌詞の中で、「雲の上のあいつも笑う」という部分があり、さらに「記念日には花を添えて」という歌詞の場面では両手を合わせて拝んでいる動作をされている。

そちらについては、以下のオフィシャル動画をご覧頂いてもお分かりであると思う。

ただ、こちらの歌詞だけでは、大切な人ことを歌ったものとは予想できるが、具体的に誰に向けたものなのかは分からない。

なので、中には母親ではなく、彼女の死を表すものではないかとする噂もあったが、実はWANIMAは昔のライブで、「マザー」という曲を披露している時代があったのだ。

今はこちらの曲は封印されており、歌われていないが、曲のタイトルにもあるように、母親のことを歌った歌であり、その歌詞については、母親が記憶障害に陥り、最終的には息を引き取られたことを表現されているのではないかとの噂が流れている。

そして、「THANX」の作詞をしたのは、KENTA(松本健太)さんなので、彼の母親のことを歌ったものではないかと、ネットで予想されているようだ。

ただ、松本さん自身は母がいないということを公言されているわけではないようなので、はっきりとした真相については未だ不明となっている。

◆考察・まとめ◆


WANIMAのボーカルのKENTAさん常に笑顔で歌われており、披露する曲のイメージも常に前向きで明るいものだった。

しかし、過去に歌われていた「マザー」は、今の彼らからは想像もつかないような、暗く悲しさを思わせるものだったようだ。

ただ、今の健太さんが明るく振る舞い続けられるのは、辛い過去を乗り越え、どんなときにも常に前向きに生きて、希望を追い求めていこうと決心されたからなのかもしれない。

そういった姿勢は、WANIMAの様々な曲から現れているが、それは、悩んだり苦しんだりした末に、たどり付いた答えが、どんなに望んでも過去には戻れない、人は先にある未来に向かって、ただ前を歩いていくしかない、そう悟られたからではないだろうか。

こちらはあくまでも推測にすぎないが、少なくとも「WANIMA」というバンドグループは非常に奥が深いのは間違いなさそうだ。


スポンサードリンク


<WANIMAの関連記事>
WANIMAのKENTA(松本健太)はタトゥーを足に?出身高校・大学はどこなのかについても!!

WANIMAのKENTA(松本健太)の身長と体重が謎?兄弟含む家族構成にも迫ってみた!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP