森友学園とは右翼団体?森永製菓や北朝鮮、平沼赳夫氏とは関係あるのかについても

森友学園の国有地値下げ取得問題では、政治介入があったのではないかとの疑惑がもたれており、その裏に何者かが潜んでいるのではないかとの見方も強まっている。

また、議員の平沼赳夫氏も同学園との関係があるのではとの噂なっており、
森永製菓や北朝鮮との関連性や、「関係あるの?」という疑問の声もネットなどで上がっているが、その点についてはどうなのであろうか。

さらに、森友学園とは右翼団体ではないのかとの声もネットなどで見られるが、
それらのことについてスポットを当ててみたいと思う。


スポンサードリンク


◆森友学園とは右翼団体◆

森友学園とは右翼団体?ということに関しては、思想や理念からして、
ほぼ正解といっても間違いはないと思われる。

例えば、同学園の運営する「塚本幼稚園」では、戦前の日本における教育の元となった教育勅語を暗唱させたり、教育勅語及び君が代が書かれたせんべいも配られていたとのこと。

さらに、塚本幼稚園にて運動会が開催された際の選手宣誓では、領土問題に関する中国や韓国に対する批判、安倍政権に対する賛同文などを読ませたりしていたという。

こういった背景からも、森友学園とは右翼であるといっても過言ではないが、
なぜ、そういった思想が根付いているのかというと。実は、同学園の理事長・籠池泰典氏は、「日本議会」という極右翼団体の役員を務めてられている人物とのこと。

なので、理事長・籠池泰典氏の思想がそのまま、同学園及び、同学園の運営する団体へと影響を与えているのであると思う。


スポンサードリンク


◆北朝鮮と森友学園◆

森友学園は、北朝鮮と同じなのではないかということもネットで囁かれている模様であるが、
それは特に、同学園の運営する塚本幼稚園での運動会の様子から、そういった印象を受けるようだ。

それに関しては、前述させて頂いたように、選手宣誓時の他国への批判と、自国に対する愛国精神を謳っている点のようだ。

さらに、運動会の様子では、体制や規律を重視していると見られることから、独裁政治及び、軍国主義を連想させるものである点が、北朝鮮の体制を彷彿させるようだ。

◆平沼赳夫氏と森友学園◆

自民党所属でかつ衆議院議員の平沼赳夫氏とは関係あるのかについては、どうやらあるようだ。

というのも、森友学園が運営する小学校「瑞穂の國記念小學院」のホームページにて、理事長・籠池泰典氏と平沼氏の顔写真が「ごあいさつ」の項目にて掲載されていたのだ。

なお、平沼氏の挨拶文に関しては以下となる。

籠池先生頑張れ。
小学校の教育、これは本当に大切です。幼児教育で大変な実績を挙げられた塚本幼稚園の籠池先生が、此度小学校を建設されることになり、日本にとってこれ程の朗報はありません。
大成功を衷心よりお祈り申し上げます。

引用元:「瑞穂の國記念小學院」ホームページより

平沼赳夫氏がなぜ、籠池泰典理事長を応援するのかについては、籠池氏が役員を務める右翼団体「日本議会」の「国会議員懇談会の会長」という立場であったため、そのつながりで「頑張れ」と応援されているようだ。

ただ、森友学園への口利きは否定されているとのこと。

◆森永製菓との関係性◆

最後に、森永製菓と森友学園は関係あるのかについてであるが、
調べてみたところ、特にこれというものは見つからなかった。

ただ、なぜそのような噂が流れるのかということついては、森友学園の名誉校長を務められていた、安倍総理の妻・安倍昭恵夫人が森永製菓の元社長令嬢であるからとのこと。

森友学園の国有地問題に関して、政治家の口利きはあったのであろうか。
また、そうでないにせよ、ごみ撤去費用も含め、その詳細が明かされることが、今後も望まれていくであろうと思う。


スポンサードリンク


<森友学園に関連する記事>
籠池泰典の嫁の名前と顔画像。素行により逮捕歴があるというのは本当であろうか。
森友学園と橋下の関係が噂に?運営してる塚本幼稚園の口コミがトンデモなくヤバいと言われているが…
籠池泰典に逮捕の噂?経歴(卒業大学・高校)及び、サクラクレパスと奈良県庁時代の様子にも迫ってみた!
森友学園 塚本幼稚園の運動会「選手宣誓全文」の内容!退園者続出とのヤバイ噂もあるが…
籠池泰典の本名は康博だが通名って何?なぜ通称を名乗るのかその理由についてネットで疑問の声が上がる
森友学園・塚本幼稚園へ親はなぜ選んだ?保護者の気持ちやどういう人が通わせるのについて明らかに
森友学園 籠池泰典の息子・照明にラグビーと元力士の経歴が?維新から出馬していたという噂も!
森友学園の塚本幼稚園は北朝鮮みたい?「そのものだ」と指摘する声もネットで続出

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP