台風13号・14号たまご(2016年)の最新進路!気象庁やヨーロッパなどの予想では果たしてどうなっているのか?

現在、台風12号が九州に向かい接近しているとのことだが、

その一方で、台風13号・14号のたまごの情報も入り、

こちらに関しても注目が集まっている模様。

ということで、今回は気象庁やヨーロッパなどにおける、

2016年における台風の最新進路予想について、

言及していきたいと思う。


スポンサードリンク


台風13号の気象庁発表(※追記)

気象庁のホームページより、台風13号(マーロウ)の情報が、

追記されたので以下に記載したいと思う。

台風13号 気象庁
(※引用元:気象庁ホームページより)

こちらの気象庁で発表された進路図を見る限り、

9月7日(水)9時より九州の南部まで接近し、

8日~9日にかけては日本の四国、関東、東北、北海道を

通過する見込みとなっているようだ。

なので、十分に警戒して頂きたいと思う。

台風13号の進路

では早速、2016年台風13号のたまごに関する、

最新の進路予想についてだが、

気象庁での予想は今のところ発表されていないようだ。

(※追記、気象庁で発表されました。<9/6時点>)

ただ、ヨーロッパの予想では、9月5日(月)の時点で、

沖縄の約200kmあたりに、台風13号と思われる、

熱帯低気圧が発生しているのがわかる。

なお、そちらの画像については以下となっている。

台風13号 ヨーロッパ
※(引用元:ヨーロッパ中期予報センター「ECMWF」より)

そして、以下の画像から、9月6日~8日までの間に、

日本に接近し、衝突しているのが分かる。

9月6日(火)時点の予想
台風13号 ヨーロッパ 6日
※(引用元:ヨーロッパ中期予報センター「ECMWF」より)

9月7日(水)時点の予想
7 ヨーロッパ
※(引用元:ヨーロッパ中期予報センター「ECMWF」より)

9月8日(木)時点の予想
8 ヨーロッパ
※(引用元:ヨーロッパ中期予報センター「ECMWF」より)

ただでさえ、台風12号が近づいているのに、

台風13号も突撃してくるとは、想像するだけでも恐ろしいものだ。

ただ、ヨーロッパの最新進路予想では、

かなり先のも予想できる分、必ずしも、

台風が発生し、その進路をたどるというわけでないので、

台風に関する情報は、常にチェックをして頂きたいと思う。


スポンサードリンク


台風14号もヤバい!?

台風12号、13号の他にもなんと!!

台風14号のたまごも発生しているというヤバい情報が、

米軍の予想であがっているが、

それについては現在、ホノルル沖に発生し、

東の方角に向けて進行するという予想のようだ。

ちなみに、台風14号のたまごに関しては、

越境台風であり、この台風は太平洋で発生する、

熱帯低気圧のうちで、元々は気象庁の観測対象外に、

発生した熱帯低気圧が日本の観測範囲の境界線に突入し、

そのことで、台風と認定しかつ、

分類されるようになったものをいうとのこと。

なお、台風14号のたまごに関しては、現段階では、

あまり詳しい情報はないが、

今後さらなる詳しい情報が追加されるかもしれないので、

その際は追記をさせて頂きたいと思う。

考察・まとめ

今年2016年の台風の発生は非常に遅かったものの、

最近に入り、急速なピッチで発生し続けている。

また、先ほども申し上げた通り、最新情報では、

台風12号の他に、13号、14号もすでに、

発生するとの予想もあるので、

ここはかなり警戒しておきたいところ。

なお、台風が発生した際には、

飛行機や電車などの交通機関にも多大な影響を与えるので、

その点にも十分に注して頂きたいと思う。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP