谷査恵子の年齢とは?早稲田大学卒業の噂やブサイクと検索される理由についても…

以前、森友学園の騒動で注目を浴びた、安倍総理の妻・安倍昭恵夫人の常駐職員(秘書)を務められた「谷査恵子(たにさえこ)」氏が再び注目されることとなっている。

その理由は、同氏が、イタリア日本大使館へと異動になったからだ。このことから、森友学園問題の隠蔽を図る目的に、海外へと転勤させたのではないかとの見方も強まっている。

果たしてその真相とはいかなるものであろうか。

また、谷氏に関しては年齢や学歴にも注目が集まっており、早稲田大学卒業なのではないかとの噂も流れている。

さらに、同氏に対してネット上では「ブサイク」と検索され、容姿を避難する声も浮上しているが、その理由とは何なのであろうか…。


スポンサードリンク


◆谷査恵子の年齢について◆


谷査恵子氏の年齢については、ニュースなどでも公開されておらず、実際のところは不明であるが、おそらく「40代ではないかと思われる。

その理由については、谷氏は大学を卒業後、1998年に経済産業省に入省されているからだ。

ちなみに今は、2017年なので同氏が入省したのは、19年前となる。

仮に、22歳で大学を卒業し、その後すぐに経産省へ入ったとしたら、「22+19」で「41歳」となる。

しかし、大学に入るまでに浪人や、国家公務員試験に合格するのに時間がかかった可能性もあり、今年の誕生日がまだ訪れていない可能性も考慮すると、谷氏の年齢は「40歳~45歳」くらいではないだろうか。

ただし、こちらはあくまでも筆者の個人的な予想なので、それ以外の年齢である可能性もあるかもしれない。

◆谷査恵子は早稲田大学卒業ではなかった!◆


谷査恵子氏の学歴については、以前から様々な大学名が噂されており、「早稲田大学卒業ではないか?」というのもその一つだった。

しかし、今年2017年の4月頃に発売された週刊文春の記事によると同氏は、早稲田大学卒業ではなく、「東京大学(東大)」を卒業されているとのことだ。

ちなみに、学部は文学部であるとのこと。谷氏は、大学の卒業後には「国家公務員採用一般試験(旧二種)」を受験して、経済産業省へと入省している。

谷氏は、経産省に入省後、国際エネルギーやクールジャパンの戦略、温暖化交渉などをメインに担当し、取り組まれてきたようだ。

ということは、現代のグローバル社会化に伴って、それに貢献する部門で活躍されてきたようだ。

ちなみに、谷氏は「国家公務員採用総合試験(旧一種)」を合格後に通れるキャリア官僚コースではなく、ノンキャリアコースの「国家公務員採用一般試験(旧二種)」のルートで経産省に入省されているが、今回のイタリア赴任は、異例中の異例の出来事であるという。

それについては、安倍昭恵夫人との強いつながりや、森友学園問題への関与疑惑が持たれたための”口封じ”というのが、まず思いつくと思う。

しかし、異動の理由について政府関係者によると、谷氏の非常に優れた語学能力を評価し、イタリアへ赴任させたとのことで、異例の対応ではないと主張されている。


スポンサードリンク


◆谷査恵子が「ブサイク」と避難を浴びる理由◆


谷査恵子氏については、「ブサイク」とする声がネットに上がり、検索もなされているとのことであるが、それはなぜなのであろうか。

ちなみに、こちらは、谷氏の画像となるが、見たところ普通の印象で、特にブサイクとは感じられないが、これについてはおそらく、世間からの注目の的となってしまったのが理由と考えられる。

さらに、森友学園の問題で疑惑が持たれ、悪いイメージがついてしまったことも、そのように避難される理由となっているからではないだろうか。

加えて、世間やネット上の意見というのは本当に厳しいもので、やはりテレビなどでは普段、アイドルや女優さんなどとても美しい方を目にする機会も多く、そういった方とも見比べてしまうので、その結果、普通であったとしても「ブサイク」という評価が下されてしまうのかもしれない。

◆まとめ◆


未だ解決の糸口の見えない森友学園問題であるが、やはり谷査恵子氏の、「異動」の真相については気になるところだ。

ちなみに、谷氏の今回の異動では海外赴任手当が付くそうで、そちらに関しては、海外赴任手当が「50万円」、住宅手当が月に「約18万円」となっているようだ。

このことからも、谷氏の異動は”栄転”ではないかとも言われている。

ノンキャリアでの異例とも言えるイタリアへの人事異動に加え、なぜ、森友学園問題が取り沙汰され、谷氏にも疑惑の目が向けられたこのタイミングなのかというのは、正直気になるところだ。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP