衆議院解散総選挙をなぜ今…日程は2017年10月22日の秋ってマジ!?

安倍総理が衆議院解散総選挙を行う意向を固めたという、驚くべきニュースが舞い込んできた。

それはいつなのかということだが、日程は「2017年10月22日」という秋の時期に向けて調整が行われているとのことだった。

しかし、それはなぜ今のタイミングなのであろうか?

北朝鮮情勢も緊迫した状況にある中、安倍首相が解散に踏み切った理由に迫ってみたいと思う。


スポンサードリンク


衆議院解散総選挙はなぜ今行われるのか?

 

衆議院解散総選挙がなぜ今のタイミングで行うのか、その理由については、様々な説が流れているが、大きな理由として、以下のものが考えられる。

①民進党の離党ドミノ

②小池派新党の準備不足

③加計学園の追及回避

④北朝鮮情勢のさらなる緊迫化に対する備え

⑤内閣の支持率上昇

解散をなぜ今に行うのかについては、大方、上記の理由ではないかと思われるが、それぞれの項目について見ていきたいと思う。

①「民進党の離党ドミノ」については、山尾志桜里(やまお しおり)衆議院議員が不倫疑惑により、離党されたことは皆さんもご存知であると思う。そして、後藤祐一(ごとう ゆういち)衆院議員、笠浩史(りょう ひろふみ)衆院議員、鈴木義弘(すずき よしひろ)衆議院議員氏らも離党するとのこと。つまり民進党が弱っている時期ということになる。

②「小池派新党の準備不足」。こちらも同じくスキを突いたものと考えられるが、こちらは、小池新党とも呼ばれる「都民ファーストの会」がまだ選挙で戦えるほどの準備が整ってない時期に総選挙を狙う意図があるのではないかと考えられている。

③「加計学園の追求回避」に関しては、9月28日(土)に臨時国会が開かれることとなっているのだが、国会冒頭で解散と述べることにより、加計学園問題に関する追求を逃れる考えがあるのではないかといわれている。

④「北朝鮮情勢のさらなる緊迫化に対する備え」に関しては、北朝鮮が2017年9月15日にもミサイルを発射し、今でも十分に緊迫した状況ともいえる中であるが、その長期化に備えて早めに解散を行いたいのではないかという点。

⑤「内閣の支持率上昇」については、NNNの世論調査で、安倍内閣を支持すると回答した方が、前月と比較して、6.5%アップしたので、今が好機とみたのではないかといわれている。


スポンサードリンク


衆議院解散総選挙の日程は2017年10月22日の秋?

 

衆議院解散総選挙については、2017年10月22日(日)秋を軸に調整が進められているとのことであるが、まだそれは確定ではなく、安倍総理は、ニューヨークで開かれる国連総会から帰国後の金曜日以降に、日程を含めて最終的な判断を下す意向を示されているようだ。

すると、予想通りに事が運べば、10月22日の日程で、投票が行われると思われる。ただ、10月29日になる可能性も想定されており、こちらに関しては、正式に決まり次第、追記させて頂きたいと思う。

考察・まとめ

 

衆議院解散総選挙がまさかこのタイミングで、行われる可能性が浮上するとは、非常に驚いたものだ。

ただ、北朝鮮情勢のことを考えると、さらなる緊迫化、長期化による備え、というのも一理あるとは思うが、解散総選挙をしている間にも、日本へミサイルが飛んでくる可能性があることも考えると、少し矛盾しているようにも思う。

果たして、10月22日の秋に解散総選挙は行われるのか、そして、北朝鮮問題に対する備えは今後どうなるのか、これらのことについては、今後も注目していきたいところだ。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP