小林麻央 酸素吸入の意味と余命…5月は危険な状態にならないことを祈りたい

小林麻央さんが、5月22日にもブログKOKOROを更新され「ワセリン」というタイトルの新着記事にネットからの注目を集めているようだ。

また、ブログにアップされた画像はとても衝撃を受けるものであったが、そこには、酸素吸入器をつけ、痩せ細った顔の麻央さの顔が映し出されていた。

その影響か、麻央さんの酸素吸入の意味や、余命が危ないのでは?という噂がネット流れているようだ。

麻央さんは2017年4月のあたりから体調は悪そうであったが、5月に入ってからも、彼女の写真を見る限りあまりよくはなさそうだ…。

麻央さんはブログで、鼻にワセリンを塗ると快適であったということも明かされていたが、実際はどのような状態であるのだろうか…。


スポンサードリンク


◆小林麻央 酸素吸入の意味と余命◆


小林麻央さんは、2017年5月5日にブログにアップした写真から、すでに酸素吸入器を使用されていたことが判明しているが、酸素吸入に関しては、どのような意味があるのだろうか?

ということで、調べてみたところ、おそらく麻央さんの場合、乳がんが肺転移したために、呼吸機能が低下したので、酸素吸入器開始をされたのではないかと思われる。

思い返してみれば、麻央さんは4月に、咳や息切れ、息苦しさがあったと明かされていたので、やはり、これらの症状に対応する意味をもって処置を行ったことは間違いなさそうだ。

そして、気になるのは、麻央さんの酸素吸入始まったことと、余命との関係性であるが、直ちに危険な状態というわけではなさそうだ。

というのも、酸素吸入を鼻から行うのはまだ軽度な方で、症状が重くなると、酸素マスクを使用するとのこと。

従って、麻央さんの余命に関しては、なんともいえない状態であるが、さまざまな困難を乗り越えてきた彼女ならば、まだまだ長生きして頂けると信じたいと思う。


スポンサードリンク


◆小林麻央 酸素吸入の写真と5月の状態◆


小林麻央さんが、5月22日に更新したブログKOKOROの「ワセリン」というタイトルの記事には、酸素吸入器を付けた姿の写真が掲載されていたということだが、そこには、今までにないくらい、激やせした顔が映し出されていた。

それは、5月6日アップした時の写真よりもさらに細くなっている。また、それだけでなく、目の回りのクマも目立つようになっており、正直、以前よりも顔色は良くなさそうであった。

「ワセリン」という記事の中で、麻央さんは、鼻の中にワセリンを塗ることで、敏感粘膜にとても効果的であると報告されており、内容としては、至って前向きであるものだった

しかし、その前日である21日にアップされた「痩せる」という記事では自身の姿に衝撃を受け、涙したことが明かされていたことから、 体の状態はやはり、悪化していっているのかもしれない…。

◆考察・まとめ◆


小林麻央さんの余命は、わずかなのでは?という噂が、ネットで常に流れているものの、麻央さんはそれに関係なく、今までしっかりと生きてこられた。

麻央さんは、ステージ4の”末期がん”ということだが、それでも希望はあると信じている。というのも、彼女の常に前向き明るい心構えに、不屈の精神を持ち合わせているので、ガンには負けないと思うのだ。

ということで、これからも麻央さんのブログKOKOROに注目しつつ、温かく見守りたいと思う。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP