小林麻央の主治医が新薬「オプジーボ(ニボルマブ)」を?末期症状での効果と値段がヤバいと話題に!!

現在、小林麻央さんは一時退院されており、

2016年10月13日の今日も彼女は外出されており、

その様子が麻央さんのブログにもアップされていた。

ちなみに、麻央さんが入院されていた病院の主治医の方は、

「オプジーボ(ニボルマブ)」という新薬に注目しているようだ。

麻央さんの余命は年内で、末期状態なのではないかとの、

心配する声も上がってるが、その薬の効果や値段とは、

いかなるものなのであろうか。

今回はそのことについて、迫ってみたいと思う。


スポンサードリンク


◆小林麻央の現在◆

小林麻央さんは乳がんを患ったということであるが、

進行度合いに関しては、彼女自身のブログにて、

ステージⅣであることが判明している。

そして、ステージⅣの特徴しては、

乳がんが他の臓器、例えば骨や肝臓、肺などへの

転移が見られるのが最大の特徴といわれている。

また、乳がんが最も転移しやすい場所は、

骨といわれており、転移した場合は、

その部位が痛んだり、骨折の症状が現れたりする。

そして転移が現れる骨の部位は、

「頭蓋骨・大腿骨・上腕骨・胸椎・腰椎・背骨・骨盤・肋骨」、

となっており、腰椎に移転すると腰、

胸骨に移転すると背中に痛みを伴い、

時間経過に伴い、痛みは強さを増していくようだ。

気になる小林麻央さんは、癌がどこまで転移していたのかは、

はっきりとはわからないものの、

手術をしたことは彼女のブログにて公表されており、

脇の下のリンパ節及び、左乳がんを切除する手術が行われた。

こちらの手術は痛みを減らすのが目的で行われ、

2時間以上の時間がかかったという。

以前までは手術は困難であったが、

抗がん剤治療の効果により、がん組織を縮小させ、

手術に踏み切ることができたようだ。

その結果、状態は良くなり、一時退院できるに至ったのだ。


スポンサードリンク


◆新薬の効果とは?◆

小林麻央さんが入院されていた病院の、

主治医の先生も注目するという新薬の「オプジーボ(ニボルマブ)」。

こちらは世界各国で注目を集めているほどの、かなり凄い良薬のようだ。

具体的にどのような効果があるのかというと、

癌細胞が免疫細胞と衝突した際、

免疫細胞に存在するブレーキボタンをがん細胞が押し、

攻撃を止めさせてしまうそうだ。

しかし、新薬、「オプジーボ(ニボルマブ)」の効果は、

このがん細胞のブレーキを押させないようにすることが可能であるとのこと。

その結果、免疫細胞の攻撃力をキープし、

がん細胞を撃退することができるようだ。

また、その効果は末期症状である肺がん患者の死亡リスクを、

驚くことに4割も軽減させたという。

さらに、米国の研究チームでも実証済みで、

がん細胞が様々な部位に転移している乳がん患者に、

薬を使用したところ、中には検査を受けた時にがん細胞が検出されない、

いわば寛解といわれる状態にまで、回復された方もおられるとのこと。

まさに、今までにない画期的な、良薬といえるのではないだろうか。

◆薬の値段とまとめ◆

「オプジーボ(ニボルマブ)」は、

とても素晴らしい新薬であることは分かったが、

気になるのはやはり、お値段であると思う。

一体いくらかかるのであろうか。

オプジーボの国内販売価格は、100mgで約73万円になるそうで、

投与の量に関しては、患者の体重や癌の種類によって異なるため、

一概には言えないが、場合によっては、

年間で約3500万円にも及ぶことがあるという。

ただ、自由診療の場合はもちろん全額自己負担であるが、

保険診療を受けた場合は、高額療養費制度が適用されるため、

患者が負担する分を除いた3000万円程の額は、

国が負担してくれるということになる。

値段が高額ということもあり、小林麻央さんも新薬、「オプジーボ(ニボルマブ)」を

使用されるのかどうかは分からない。

とはいえ、末期の状態でも効果が期待できるので、

病院の主治医もそれを勧め、もしかすると使用されるかもしれないが、

今後、どのようにして治療が行われるのか注目したいところ。

そして、麻央さんが乳癌から、完全に回復することを祈りたいと思う。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP