並木湯(相模原市の銭湯)に閉店の危機?煙突が台風で折れたことで場所にも注目が集まっている…

九州から四国、近畿と横断し、各地に大きな被害をもたらした台風18号。

その影響で、神奈川県相模原市にある銭湯「並木湯」の煙突が折れてしまうという事故が発生したようだ。

なお、ネット上では、その銭湯の場所がどこなのか?ということで、地図が検索されている模様。

また、今回の出来事で、並木湯に閉店・廃業の危機を懸念する声も浮上しているが、今回はこのことについて見ていこうと思う。


スポンサードリンク


並木湯(相模原市の銭湯)が閉店する?

 

神奈川県相模原市にある銭湯、「並木湯」の煙突が台風の影響により、折れてしまったということで、閉店・廃業してしまうのかどうか、ということについては、今のところは不明となっている。

ちなみに、現在では、煙突は撤去されており、店は休業となっているようだ。

なお、煙突のサイズに関しては、直径が40センチで高さが20センチで、台風接近により隣接するアパートの屋根にもたれた状態になっていたという。

ただ、幸い怪我人はいなかったようだ。

並木湯は今後、どうなるのかはわからないが、煙突の復旧工事や台風の対策をきっちりと施すことで、もう一度立て直せる可能性はあるのではないだろうか。

煙突の修理費や、アパートの補償も考えると、かなりの負担がかかってくると思われるが、もし、店が損害保険に入っているとしたらならば、ある程度は保険でカバーできるのではないかと思う。


スポンサードリンク


並木湯の場所は地図のどこ?

 

次に、相模原市の銭湯「並木湯」の場所はどこ?ということで、その地図については以下のようになっている。

「並木湯 神奈川県相模原市中央区並木1丁目10−7」

台風18号の影響で、煙突が倒れ、大惨事となってしまったが、そのときの様子というのが、以下となるようだ。

煙突は根元から折れており、隣にアパートがなければ、もっと酷い状態になっていたことが予想される。

ちなみに、煙突が折れる前の画像は以下となるようだ。

まさか、台風で煙突が倒れるとは、誰も予想しなかったことであると思う。

考察・まとめ

 

台風18号は日本に直撃し、かなりの被害が出た様子であるが、気象庁によると、9月18日現在では、北海道を通過中であり、19日には、台風が日本から完全に過ぎ去る予想となっているようだ。

「並木湯」の煙突の折れたことについても、台風の恐ろしさを痛感するものとなった。

ちなみに、並木湯には、超音波風呂や薬湯などがあり、古くから親しまれている場所となっているようだ。

それだけに、閉店・廃業だけは免れてほしいという声も多く上がっている様子。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP