小林麻央のブログkokoroより余命5月か夏と噂に?熱や悪液質もその原因のようだが…

小林麻央さんのブログ「KOKORO」にて気になる内容の記事が記載されている。それは、体中のしこりが大きくなったということと、息切れに襲われていること、そして熱が出ていたことだ。

息切れに関しては、肺転移による症状であると見て取れるが、しこりが大きくなっていること、そして39度の高熱を出されていことも心配になるところ。

また、”神の目”を持つといわれる預言者、天瀬ひみかさんが麻央さんを予言されているとのことだが、天瀬さんも麻央さんに占いの記事を更新されており、その内容はかなり衝撃的であった。

さらに、麻央さんはがん悪液質の影響からか激やせをされており、このことから余命5月か、あるいは夏までという噂も広まっているが、彼女は大丈夫なのであろうか。


スポンサードリンク


◆小林麻央の症状と余命◆


小林麻央さんは退院された後、子供さんの幼稚園の発表会にも顔を出し、積極的に行動されていたことから、がんは回復に向かっているように思われた。

しかし、麻央さんはここ最近に入り、体調が思わしくない様子が彼女のブログ「KOKORO」から見て取れる。
そうそれこそが、咳が止まらない状態であったり、息切れであったり、しこりであったりするのだが、息切れと咳は、乳がんが肺転移を起こしたときに出る症状として知られている。

そして、しこりについてであるが、しこりには良性と悪性がある。良性の場合はそのままにしておいても問題はないが、悪性の場合は非常に危険なものとなる。

また、悪性のしこりの場合は、急激に大きくなることがほとんどで、痛みは感じないそうだ。
麻央さんはしこりが大きくなっているとのことだが、これはやはりがんが進行していることを表すものであるのだろうか。

しこりに関しては、2014年のときに気づいていたようで、このときはパチンコ玉のサイズだったとのこと。ということはつまり、約11ミリの大きさとなる。

ちなみに、麻央さんは以前より大きくなったことは明かされているものの、今のサイズが何センチなのかは触れられていない。しかし、発見されてから今は約3年ほど経っているので、パチンコ玉のサイズよりも遥かに大きくなる状況であることが予想される。

さらに麻央さんは、熱が出ていたことや、貧血を起こしていたことも明かされているが、これらの症状についてはどうやら緩和されたようだ。

ただ、ブログの更新は今のところなく、依然として厳しい状況にあることが伺えるので、彼女の余命が5月や夏という噂が絶えない様子だ。


スポンサードリンク


◆天瀬ひみかの占い(予言)◆


小林麻央さんの余命5月と噂になる背景には、天瀬ひみか氏という預言者の方の発言も影響しているようだ。天瀬氏はネット上では有名な予言者の方のようで、かなり当たるとの評判があるようだ。

ちなみに、天瀬さんの予言方法としては”コードロジー”という独特の手法を用いて予言を行うようだ。さらに、小林麻央さんのホロスコープも行われたとのことで、その内容では4月16日に危険を意味するコード152という鑑定結果が出ていたが、そのとき麻央さんのブログ更新は途絶え、のちに病状悪化により入院されることを明かした。

そして再び、天瀬ひみか氏による脅威の占い(予言)の結果が出ているようだ。そちらに関しては以下となる。

〈月運〉を表わす「進行の月(ムーン)」が来月の5月3日より、現在在泊中のコード220からコード221に切り替わります。
今回、小林麻央さんの〈年運〉をコードする「進行の太陽」が4月16日にコード152ゾーンに新たに入座しましたが、それまでのコード151からコード152に切り替わるそのパッセージ期間の、特に境目となった4月16日〜18日に、あらかじめコードが予告していた通り、麻央さんを「急激な体調の悪化」が襲ってしまいましたが、それと同様、今後麻央さんの月の運勢がコード220からコード221に向けて急速に運気が降下していくこれからのパッセージ期間、ならびに、特にその切り替わりの境目となる5月1日〜3日は、今回の三日間(4月16日、17日、18日)に訪れたファーストインパクトに続く、大変危険なセカンドインパクトが訪れることが強く予想されます。

(引用元:天瀬ひみかの真実のスピブロ)

天瀬氏によると、なんでも5月1日~3日にかけては「セカンドインパクト」という時期に入るらしく麻央さんにとってはとても危険な時期に入るという。また、4月30日以降麻央さんのブログ更新が途絶えているが、果たして無事で過ごされているだろうか心配だ。

◆激やせはがん悪液質◆


徐々に回復の兆しを見せていたように思えた小林麻央さんであったが、今年2017年3月末から4月に入ってからは体調はあまり思わしくないようだ。

また、2017年4月下旬にアップされた麻央さんの画像では激やせされている様子のものがあり、熱を出されていたとあったが、これはがん悪液質による影響だと思われる。

というのも、がん悪液質に侵されると、体のエネルギーが消耗状態に陥り、筋肉や脂肪がひたすら減少して、食欲不振にも陥ってしまうのだ。つまり、栄養分の補給はできず、ひたすら癌細胞に蝕まれる状態に陥る。そして高熱に関しては癌細胞が発するサイトカインという物質による影響で引き起こされるという。

さらに、麻央さんは2017年4月30日に更新したブログ記事「勘違いされた鰻」内でも食欲がないということを明かされていたが、これもおそらく悪液質によるものだと思われる。

ブログ「KOKORO」の更新は2017年4月30日を最後に途絶えているのが、麻央さんは今、元気にされているのだろうか。余命5月や夏との噂も流れているが麻央さんにはそれに負けずこれからもずっと笑顔を絶やさず長生きして頂きたいと願う。


スポンサードリンク


<小林麻央に関する記事>
小林麻央の熱はなぜ?入院は原因が余命に関わるものだからであろうか…
小林麻央の再入院はなぜ?激やせは余命の深刻さを2017年4月時点で現しているのだろうか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP