小林麻央の痛み、発汗、息苦しさは嘘かと思いたい…余命4月で終末期という噂がネットに浮上するほど深刻に

しばらくの間、ブログ「KOKORO」の更新が途絶えていた小林麻央さんであるが、2017年4月19日にて5日ぶりにブログを更新されたようだ。その内容はやはりというか、体調としては良くない様子だった。

なんでも、痛みと発汗、息苦しさに襲われ、歩くのもつらい状態であるそうだ。これらの症状に関しては、嘘であると願いたいが、現実は厳しく、本当のことであるようだ。

また、こういった麻央さんの病状から、余命に関しては4月で、終末期に入っているという噂が広まっている様子だが、実際のところ彼女の症状は何を意味しているのだろうか。


スポンサードリンク


◆小林麻央が「一緒に泣くこと」を更新◆


乳がんで闘病生活をされている小林麻央さんは、2017年4月14日にアメンバー限定記事「日光浴」のブログ記事を更新されてから、4日間もブログ更新がなかったことから、非常に多くの方から心配されていたようだ。

もしかしたら、その5日後の19日も更新されないのかとも思ったが、ついに麻央さんがブログを更新された。

その記事タイトルは「一緒に泣くこと」というもので、内容については、ここ最近は一日中横になっていたことを明かされた。
どうやらブログを更新されていなかった15日から18日までの4日間はずっと寝たきりに近い状態だったようだ。

そしてさらに、「息苦しさ」と「変な発汗」、「痛み」に襲われていたようで、10日前までは普通に歩行できたのが、今では10歩歩くだけでも、つらい状態であるとのこと。

また、夜は母親に背中をさすってもらい、共に号泣されたようだ。そして最後には、共に泣いてくれた母親に対し、感謝の気持ちが述べられていた。

麻央さんがこのようなつらい状態にあるということは、嘘であってほしいと願いたいが、彼女は進行がんを患い、肺転移を起こしている。なので紛れもなく、真実なのであろう。


スポンサードリンク


◆小林麻央の容態について◆


小林麻央さんがブログ記事「一緒に泣くこと」でつづられていた「息苦しさ」、「変な発汗」、「痛み」、「歩行困難」という症状は彼女の余命にどのような影響を与えるのだろうか。

まず、麻央さんがブログで訴えられている「痛み」という症状はがん終末期の症状の中で、早い段階で出るといわれており、その次に、歩行困難や息苦しさなどの症状が出るという。

そして、発汗については、体温調節が困難なほど体力が低下していることを現しているといえる。
なお、終末期の意味に関しては、数週間から半年ほどでの余命が予想される時期をいうとのこと。

ただ、今の病状からは、もはや終末期の中でもかなり進んでいるのではないかとの噂も流れているようだ。

◆考察・まとめ◆


ブログ「KOKORO」の更新が途絶えていた小林麻央さんがついにブログを更新されたと知ったときは、安心したものだが、それもつかの間、彼女がブログで綴られた今の状態は、あまりにも過酷なものだった。

麻央さんの「日光浴」の記事では、肺の検査を受けて、腹水ではなかったことで、良い報告をされていただけにショックを受けられているファンの方も多いのではないだろうか。

彼女は今、嘘偽りなく本当に危険な状態にあることが伺えるが、何とか乗り越えてほしいと心から願いたい。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP