小林麻央の余命とホスピスの噂。病院への再入院は長い期間になるのだろうか…

市川海老蔵さんの妻、小林麻央さんの余命について、

ネット上では様々な議論がなされており、

その中では、ガンは末期の状態ということで、

「3ヶ月」や「半年」、「8月まで」など、

さまざまな声が上がっているが、

一方、そのことについて確証を得ているわけではないので、

「ガセ」や「デマ」、「嘘」ではないかと、

否定する声も上がっている。

また、麻央さんは長い入院期間を経て、

さらに再入院するということが市川海老蔵さんのブログにて判明し、

それを受け、ネット上では、ホスピスの病院に、

入ったのではないかという噂があるようだ。


スポンサードリンク


余命について

まず、小林麻央さんの噂されている

余命についてみていきたいと思うが、

こちらに関しては当然、デリケートかつ、

プライバシーに関わることで、公開などはされておらず、

不明となっているが、旦那の市川海老蔵

さんは、乳がんの病状に関して「深刻である」と、

話されていた事から、やはりそれなりに緊迫した

状況であることは伺える。

とはいえ、ネット上に出回っている、

「半年」や「3ヶ月」、「8月まで」といったことは、

はっきりとわからず、単にネット上の噂によるものなので、

鵜呑みにはしない方が良いかもしれない。

また、余命に関するようなセンシティブ情報というのは、

そう簡単に外部へ漏れるというのは考えにくいので、

いずれにしても、「デマ」である可能性というのは、

高いものと思われる。


スポンサードリンク


ホスピスへ再入院!?

市川海老蔵さんが妻・小林麻央さんの再入院をブログで報告したことにより、

ネット上などでは、彼女はホスピスの病院へと、

入ったのではないかと噂になっているとのことであるが、

ちなみにホスピスとは、何なのかというと、

癌の治療を目的として入る施設ではなく、

最後を迎えるまで、苦しみを和らげ、

充実した人生をサポートするもののようだ。

実際に何を行うのかというと、主に末期がんを患った患者に対し、

終末期医療(ターミナルケア)や緩和治療を施すというもの。

麻央さんは、1年8カ月前に乳がんが発覚し、

長い期間に渡り、通院や入院を繰り返してきとのことだが、

それは、手術をするために治療を頑張って受けて来られたので、

ここへ来て、ホスピスへ再入院というのは

なかなか考えづらいのではないかと個人的には思う。

なので、再入院は別の理由ではないかと思うが、

期間的にはさらに長い入院生活を送ることになるのだろうか。

考察・まとめ

小林麻央さんの余命や、ホスピスの病院へ

再入院したという噂に関しては、本当であるかどうかは分からないが、

ただ一つ分かっているのは、

市川海老蔵さんが話した「深刻である」ということのみ。

小林麻央さんは33歳と若く、まだまだ長生きして

子ども達や家族を支えて頂きたいと思うので、

何とか乳がんの病気を無事に

完治して頂くことを祈りたいものだ。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP