小林麻央のブログKOKORO最新!2月現在の余命や放射線食道炎の状態について

小林麻央さんがブログ「KOKORO」を立ち上げてから、更新する度に注目されているが、
彼女の2月現在の様子はいかなるものなのであろうか。

また、余命や放射線食道炎の状態も気になるところだが、
今回はその様子に関する最新情報を探っていきたいと思う。

果たして、小林麻央さんは今の様子とはいかに…。


スポンサードリンク


◆小林麻央の放射線食道炎は回復へ◆

小林麻央さんは乳がんを患い、骨や肺に移転している状態であったが、
骨への放射線治療を受けられていたのだ。

その放射線治療の副作用の影響で放射線食道炎を発症し、
食事も困難な状況であることを告白されていた。

しかし、2月4日に更新された記事では、放射線食道炎は回復へ向かっていることを明かされ、
さらに2月7日にて更新された記事では、ほぼ治ってきたということが明かされていた。

ちなみにタイトルは「真面目な話」というももので、その内容は、
世話になった先生に8月の時からの真央さんを比較して今が一番顔色が良いと、
言われたことを報告されていたのだ。

また、骨の2箇所に放射線治療を施した結果、以前とは見違えるように、痛みが引いたようだ。

そして、記事の最後の方では、「悪さはせず、平穏でいよう」と決心された一方、
「治ることはあきらめていない」と、強気な姿勢を示されていた。

ちなみに、麻央さんは2月8日にもブログ「KOKORO」を更新されており、
その最新タイトルは「帰りに」というもので、内容としては、
病院の帰りに水分補給をし、姉の小林麻耶さんと一緒に行動されてたというもの。

姉妹仲良く写真に写り、その様子をブログにてアップされていた。
麻央さんにとって姉・麻耶さんは本当に心の支えであることが見て取れる。


スポンサードリンク


◆小林麻央の余命について◆

小林麻央さんの余命に関しては常にネットで噂されているが、
彼女のブログ「KOKORO」の最新情報を見る限り、とても元気そうな様子が伺え、
まだまだ長生きされるのではないかと思う。

なお、麻央さんの闘病生活についておさらいをしてみると、彼女は乳がんを患い12月に入院をする。

そして現在、乳がんのステージは「4」で、骨や肺に移転したことを告白された後、
さらに、胸にもがんが皮膚転移していたことが明らかとなる。
また、それだけでなく、腹部にも同じ移転の可能性があるしこりが見つかり、
真央さんはそれを知ったときはかなり落ち込まれ、思わず病院の先生に後どのくらい生きられるのかということで、自身の余命をお聞きになられたようだ。

麻央さんが自身の余命を聞かれたのは闘病3年目にして始めてのことであったが、
それだけショックを受けられたことが伺える。

しかし、意思からは全身療法に効果が出れば、まだまだ生存できるといった旨を聞き、
生きる希望を持たれたとのこと。

◆感想とまとめ◆

小林麻央さんが「泣いてもいい」というタイトルの記事にて放射線食道炎を明かされた際は、
ものすごく心配になったものであるが、彼女のブログ「KOKORO」を拝見すると、
現在は良い方向へと向かっているのが伺えるので、安心したものだ。

また、余命に関しては2月や3月など、ネットで様々な噂が流れており、麻央さんにとって、
まだまだ闘病生活が続いていくのであるが、何とかして癌という恐ろしい病から回復し、
麻央さんにはこれからもずっと生きながらえてほしいと願いたい。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP