シンゴジラの秘密「尻尾の骨に人の顔」のネタバレは巨神兵が人間の正体と噂されているが果たして真相とは!?

「シン・ゴジラ」が上映されてから、

今もなお、大人気な映画として注目を集め続けているが、

今回はネタバレ情報として話題となっている、

シンゴジラの秘密について迫ってみたいと思う。

ラストシーンではゴジラの尻尾の、骨の中に人(人間)の顔が

出てきたのであるが、ネタバレ情報では、

その正体は、巨神兵だったのではないかと

ネット上で騒がれているようだ。


スポンサードリンク


シンゴジラに巨神兵ってマジ!?

東宝の映画「シン・ゴジラ」のラストシーンにて、

ゴジラの尻尾の骨の中に姿を表した人の顔。

その人間の正体が、ネタバレの噂で、

「巨神兵」だと噂される理由は、いくつかあるようだ。

その前に、そもそも「巨神兵」は何なのかというと、

スタジオジブリの作品「風の谷のナウシカ」と、

そのスピンオフ作品「巨神兵東京に現る」にて

登場した人造でかつ、人型の生物兵器である。

そしてその巨神兵の持つ力は、同作品を見られた方であれば、

ご存じであると思うが、目から核兵器に値する

強烈な威力を放つビーム「プロトンビーム」を発射し、

作中で文明を破壊したとされている。

ちなみに筆者は、スピンオフの短編特撮映画である

「巨神兵東京に現る」は見ていないが、

「風の谷のナウシカ」は、テレビでも何度か放送されているので、

拝見させて頂いているが、王蟲(オーム)の群れに向けて

発射したビームが物凄く印象的であった。

そして、その驚異的な存在である巨神兵が、

映画「シン・ゴジラ」に登場する理由としてはまず、

何といっても監督が同じであるという点だ。

特撮映画「巨神兵東京に現る」の監督と、

「シン・ゴジラ」監督は同じ庵野秀明氏が担当していたのだ。

そしてもう一つは、尻尾の骨から登場した人の顔が、

巨神兵に酷似しているという点がある。

その他にも、シンゴジラと巨神兵の体の性質や、

発射するビームの特徴がほぼ同じということからも、

ラストシーンに登場した人間=巨神兵と噂されているようだ。

さらに個人的に思うのは、シンゴジラのタイトルの意味合いには、

「新」、「真」、「神」の3つの意味合いが込められているとのことだが、

そうすると、巨神兵の「神」という漢字も、

意味合いの中に含まれているということになるので、

その点も共通点といえるのではないだろうか。


スポンサードリンク


続編はどうなるのか

もし、尻尾の中の人間が、巨神兵であったとすれば、

映画「シン・ゴジラ」の続編に登場する可能性があるが、

「シン・ゴジラ」と「巨神兵東京に現る」では、

話の設定上、矛盾する点もあり、さらに、

制作会社も「東宝」と「スタジオジブリ」と

異なっているため混合させるとは考えにくい。

また、巨神兵とシンゴジラの特徴が似ているのは、

単に同じ監督が手掛けた作品だからたまたま、

同じようになってしまったということもあると思う。

となると、続編に登場するのは、

巨神兵とはまた別の人型の怪物が現れる可能性も

考えられるのではないだろうか。

ただ、それに関するネタバレは今のところはまだ明らかとなっていないので、

分かり次第、追記させて頂きたいと思う。

考察・まとめ

映画「シン・ゴジラ」のラストシーンに登場する尻尾の秘密。

それについては、今のところ様々な推測がなされているが、

もしかすると、庵野秀明監督も、

どのような展開に持っていくのか思案中なのかもしれない。

同映画の続編が出るのかもまだ決定とはなっていないが、

これだけの人気があり、あの意味深なラストであれば、

きっと続きの話もあると思う。

続編が出れば、シンゴジラの尻尾の秘密も

明らかになると思うが、どのような展開になるのか、

楽しみにしたいと思う。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP