熊本地震が昨日の4月14日に!予知・予言時間の予想についても注目が集まる!!

もうすでにご存じの方も多いと思うが、

昨日の2016年4月14日に熊本地震が発生した模様。

そしてマグニチュードは6.5となる、

大きな地震であったそうだ。

さらに、熊本県益城町では、震度7が観測されている。

そこで気になるのは、阿蘇山噴火への影響であるが、

今回は、その辺りはどうなのか。

また、地震に関しては、以前に予知・予想がなされており、

予言時間に関しても注目が集まっているが、

今回はそれらのことについて、述べていきたいと思う。


スポンサードリンク


熊本地震が発生

熊本地震が見られたのは、昨日の4月14日、午後9時26分頃で、

震度7が計測されたのは、あの東日本大震災以来の事だという。

また、今回の地震により、数多くの方が、

被害に合われ、県などからの情報によると、

約390人もの方々が、重軽傷を負い、

お亡くなりになった方もおられるとのこと。

また、地震が終わった後も、強い余震が続き、

緊迫した状況だった模様だ。

なお、津波の心配はないとのことだが、

その後の地震による様々な影響には注意したいところだ。


スポンサードリンク


阿蘇山への影響は?

熊本地震が発生したことにより、

最も心配される影響は、阿蘇山噴火であると思うが、

こちらに関してはどうなのであろうか。

現段階では、阿蘇山が噴火したという情報はなく、

噴火警戒レベルも「2」ということで、現段階では、

直接的な関連性はないといわれている。

とはいえ、地震が火山に与える影響は大きく、

その後も油断できない状態であると思う。

予言が当たったってマジ!?

昨日の2016年4月14日地震に関しては、

以前に予知・予想されていたというが、

それはどういう事なのかというと、

2ちゃんねるオカルト板にて、

2062年より現れた、未来人による予言だというのだ。

その未来人は、4月15日に大災害が来ると、

予想しており、さらに暗号も残していたようだ。

ちなみに、その暗号では、南海トラフ地震を、

警戒するようにと言った旨の事を現していたとのこと。

ただ、今回起きたのは、九州の熊本で、

さらに、15日ではなく、14日であったことからも、

もしかしたら、熊本の地震は、南海トラフ地震の、

前兆なのではないかとネット上で予想する声も上がっている。

というのも、東日本大震災後も、誘発地震として、

発生した地震もあり、熊本地震の後も、

南海トラフにて、地震を誘発する可能性もある。

もし、その予知が当たっているとすれば、

15日に起こるということになるが、

果たしてどうなるのだろうか。

ちなみに、南海トラフ地震が未来人により、

予知されているものの、正確な予言時間は、

調べてみたものの不明であった。

予言時間が分からないとなると、

15日は、一日中警戒しておく必要が

あるのかもしれない。

なお、現在、熊本では救出活動が続いている、

とのことで、一刻も早く、

多くの人が助かることを祈るばかりだ。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP