小林麻央 フライデーの記事に腰をさする画像が?理由は骨転移による痛みか。

小林麻央さんの病状が心配されている中、

2016年6月17日に発売された週刊誌、

フライデーの記事の内容がネット上で注目を集めている。

なんでも麻央さんは以前に、腰をさする動きをしていたとのことで、

同誌には、その時の画像(写真)が掲載された。

また、麻央さんがそのような行動を

取っていた理由は何なのかというと、

それは乳がんが骨転移をした際の痛みによる

影響によるものだったのかもしれない。

そう思うと、とても心配である。


スポンサードリンク


腰をさすっていたのはなぜ?

小林麻央さんはなぜ、腰をさする動作をしていたのかということだが、

その理由は、冒頭でも記述させて頂いたとおり、

乳癌が骨転移していたのではないか、

ということが考えられる。

それはつまり、乳がんの細胞が他の臓器へ

転移していた可能性があるということで、

骨転移していた場合は、その部分に痛みを感じるようになるようだ。

また、乳がんはガンの中でも、骨転移の多いガンといわれており、

その理由は、乳ガンの細胞は骨に対しての、

親和性が高く移転がしやすいといわれているからだ。

さらに、通常は、骨転移していた場合に行う治療としては、

手術を行うより先に、抗がん剤治療で、

まずはがん細胞を消滅させることが優先されるので、

その点、市川海老蔵さんが会見で、

手術に向けて抗がん剤治療を受けているということと、

つじつまが合っているのではないかと思う。

フライデーの内容について

6月17日に発売されたフライデーの記事の内容によると、

小林麻央さんは、2014年7月に、

代官山のイタリアンレストランにて、

市川海老蔵さんと食事をしていたのだが、

この日、2人は4回目の結婚記念日を迎える日という、

祝福すべき日であったのだ。

その時、麻央さんは痛そうな表情を見せながらも、

腰をさするという不自然な様子だったそうだ。

そして、その時の画像がフライデーにてスクープされたようだ。

さらに同誌は、とある情報を入手していたとのことだが、

それは、小林麻央さんは乳がんを患った事で、

医師から余命宣告を受けて、その内容は、

「夏までもたない」

という衝撃的なものだったが、

その裏付けとなる情報を手に入れるべく、

動いていたとのことだった。

麻央さんの腰をさすっていた画像も

その裏付けとなる情報の一つであると考えられる。


スポンサードリンク


妊娠ではなく腹水だった?

小林麻央さんに関しては、腹水を患っていたという報道が、

一部でなられていたが、そもそも「腹水」とは何なのであろうか。

ガンを患う事で、内臓の機能が正常に作動しなくなり、

体内の水分の分泌に異常をきたすようになる。

その結果、腹腔に水が溜まり、

見た目はまるで、妊娠してるように見えるようになる。

なお腹水は、「末期がん」の症状の一つとされている。

ちなみに、麻央さんには以前、ふっくらとした時期があったので、

ネット上などでは、「3人目を妊娠したのではないか?」

という声も見受けられてたが、

実際にはそうではなく、腹水による症状だったようだ。

腹水といえば、他界された女優・川島なお美さんが、

ガンを患った時も腹水であったと言われているので、

やはり、状況としてはかなり深刻なのかもしれない。

考察・まとめ

小林麻央さんの症状については、

腰をさするという動作が以前に見られたことから、

骨転移をしていた可能性というのは高いかもしれない。

もしそうであった場合のステージは、

「4」になるとのことだが、その場合であると、

5年生存率は約42%となるようだ。

また、フライデーの記事にあった、

余命に関する情報については気になるが、

それでも麻央さんには乳がんの病を完治させ、

生きながらえてほしいと切に願いたいものだ。

以下、ネット上の反応となる。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP