清原和博の焼肉弁当の韓国料理店はどこ?都内新宿にある名前は「叙々苑」が有力か!!

現在、かなりの注目を集めている

清原和博氏であるが、彼は報道陣に対し、

焼肉弁当の差し入れを行ったようだ。

気になるのは、その弁当を作った焼肉屋はどこ?

という事であると思うが、場所は東京都内の新宿にある、

「韓国料理店」で、彼の行きつけの店であったことが予想されている。

ただ、名前が何というかまでは明かされていないが、

ネット上の噂では、「叙々苑」が有力候補のようだ。

※追記
清原氏の通っていた行きつけの韓国料理店は、

「オンマの新洞」であるとの情報があったので、

もしかすると、こちらの店であるかもしれない。


スポンサードリンク


清原和博の行きつけの焼肉屋

清原和博氏が報道陣に差し入れをしたという弁当の店はどこ?

ということで、現在注目されているが、

冒頭でも述べさせて頂いたとおり、

ネット上の噂では、韓国料理店「叙々苑」であると予想されている。

その理由にはまず、清原氏が差し入れをしたという

弁当の特徴にあるようだ。

その弁当の特徴は、一つ1000~2000円で、

販売されているらしく、箱の形は長方形で、

色が黒となっている。

焼肉は6枚で付け合わせには、キムチやナムルがあるという。

ちなみに、その弁当の画像については、

以下のようになっている。

これらの特徴と「叙々苑」の焼肉弁当の特徴と照らし合わせると、

ほぼ合致していることから、店の名前は

「叙々苑」であるということが予想されている。

また、それだけではなく、清原氏が差し入れをした焼肉屋の場所は、

東京都内の新宿にある「韓国料理店」の可能性が、

高いといわれているが、

「叙々苑」はチェーン店で、東京都内の新宿にも店を構えている、

韓国料理店とのことだ。

ただ、こちらに関しては、「オンマの新洞」にも当てはまるようだ。


スポンサードリンク


息子とも焼肉屋に行っていた?

清原和博氏には、息子がいたとのことだが、

以前に離婚された元嫁となる亜希さんとの間に、

長男と次男の2人の子供に恵まれている。

ちなみに、長男が2002年に誕生し、

次男は、2005年に誕生されている。

兄と弟は年が3つ離れているようだ。

そして、長男と次男は同じ小学校「慶応幼稚舎」

に通われているとの情報があった。

ただ、現在においては、

長男は中学校へ進学されているそうだ。

また、長男はかつて「オール麻布」

という名門の野球チームに所属されており、

驚くことになんと!!

小学3年時にチームの中心になって

ご活躍されていたそうだ。

長男は、小学6年に上がり、

野球チーム「オール麻布」の

活動からは離れ、中学校に入ってからは、

野球部に所属されている。

清原氏が報道陣に差し入れをしたという、

焼肉弁当の店は行きつけであったとのことだが、

家族や息子とも通われていたのだろうか…。

考察・まとめ

それにしても、 清原和博氏が報道陣に

弁当の差し入れをするという行動には驚いたが、

その焼肉屋はどこ?ということで、

名前がすぐに特定されたことに対しても驚いたものだ。

ただ、はっきりと確定したわけではないので、

断定はできないが、おそらく、

「オンマの新洞」か「叙々苑」のどちらかではないだろうか。

清原氏は現在保釈されているとのことで、

彼の今後に注目したいところだ。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP