北九州市で4月22日か3日以内にM8の地震はデマ?台湾地震予測研究所の予想は果たして正しいのだろうか…。

現在も熊本では、余震が続いており、

なかなか、安心できない状況が続いているが、

そんな中、台湾地震予測研究所では、

4月22日あるいは、23日までの3日以内に、

日本の北九州市にて、M8の地震が

発生するという予想がなされていると

ネット上で噂になっている模様。

今回は、その情報がデマなのか、あるいは本当なのかについて、

考えていきたいと思う。


スポンサードリンク


噂はデマか本当か…

2016年4月22日または、23日までの3日以内に、

北九州市でM8の大地震が到来するということについては、

冒頭でも述べさせて頂いた通り、

台湾地震予測研究所にて予知がなされている。

しかし、現代の科学力をもってしても、

今のところ完璧な地震の予測は

不可能であると言われている。

そして気になるのは、その台湾地震予測研究所の予想には、

どれほどの信憑性があるのかという点であるが、

やはり、日にちと時間の正確な予測ができる

というわけではなさそうだ。

しかし、完全にデマ情報が

流されているというわけではなく、

”中らずと雖も遠からず”という

ことわざが相応しく、予想はおおよそ的中しているとの噂があった。

例に挙げると、台湾の研究所では、

1月3日の時点で、7日以内にアラスカや日本で、

およそm7.6の地震が発生するという予測が、

行われたことがあり、その時は「7日以内」、

ではなかったものの、その後、

12日に北海道北西沖にてマグニチュード6の地震が発生し、

さらに、その後、24日にはなんと!!!

マグニチュード7.1の地震がアラスカにて、

発生していたというのだ!!

その予知の結果を見る限り、

日にち等は多少ずれるものの、

ある程度の場所や地震が起こるということ自体は、

いい当てられているといえよう。

つまり結論は、デマとも言い切れないが、

確実に起こるとも言えない。

といったところであると思う。


スポンサードリンク


「NHK」の反応

2016年4月22日か、23日までの3日以内に、

北九州市でM8の地震が発生するという情報が

ネット上に広まっており、その影響で、NHKに対しても、

質問の声が多数寄せられたようだ。

また、これに対しNHKもツイッターにて、

見解を述べられているが、

そちらが以下のツイートとなる。

NHKの反応を解釈すると、

現代の科学では正確な予測は不可能であるので、

曖昧な予言・予想等の情報には、注意するようにとのことだが、

確かに、台湾の研究所の予想も、

100%当てられているというわけではないと思う。

ただし、それをあくまで参考とする程度であれば、

差支えはないかもしれない。

とはいえ、そこでパニックになる必要はなく、

あくまで気にしすぎないように、

する必要はあると思う。

考察・まとめ

現在では、さまざまな地震に関する予測情報に、

注目が集まっているが、

NHKがツイッターで述べられている通り、

あやふやな情報には、注意するべきであると思う。

現在でも熊本では余震が続き、

混乱されている方も多いと思うが、

まずは、冷静になって性格な情報を入手することを、

心がけ、身を守るために行動する、

といった事が必要になってくると思う。

今は、被災された多くの方々が助かることを願いたい。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP