松居一代は統合失調症の病気?精神科医に見てもらった方が良いのではと心配する声も…

夫・船越英一郎さんとの不倫かつ、離婚騒動によって世間からの注目を浴びている松居一代さんであるが、彼女は精神的な病気を患っているのではないかということで、一部ネット上で噂になっている。

ネットの声の中には、松居さんに対し、「統合失調症の病気なの?」、「いつから?」、「精神科医に見てもらった方が良いのでは…」などと、様々な声が見受けられる。

今回は、松居さんは本当に病気なのかどうかということも含め、スポットを当てていきたいと思う。


スポンサードリンク


◆松居一代は病気?「統合失調症」の噂について◆


松居一代さんは病気なのか、そして統合失調症なのかについて調べてみたところはっきりとしたことは不明だった。

ただ、彼女が病気ではないかという噂は以前からあったようで、それは松居さんがブログを解説された2016年12月からの様子がおかしいことが理由だったようだ。

そもそも、松居さんが病気と騒がれる理由になったのもブログでの投稿記事によるものだが、具体的には、2016年12月24日の午前11時に更新された記事でタイトルは「緊急告知! 生電話いっちゃうよ」というものだった。

そして、気になる記事の内容としては、ブログ読者の方々にお礼の言葉を伝える為に、松居さん自身初の試みである生電話をするというものだった。

その為に、なんと!?”パジャマ姿”で「法務局」へと行き、その次に、「ドコモショップ」、そして最後に、「警察 生活安全課」へと出向いたというものだった。

つまり、パジャマ姿で外出するという行為から、ネット上では精神的な病気を疑う声も上がっているとのことだが、松居さんがそこまで急いでいたのには理由があった。

というのも、生電話の時間帯は24日の13時00分~14時00分と、松居さんは決めていたので、それに間に合わせる為に、ということだったようだ。

しかし、パジャマ姿で慌しくするくらいなら、事前にそういった準備をしていけばよかったのでは?と思われるが、ブログで告知をしたのが当日だったことを考えると、当日に思いついたか、あるいは決心がついたものと思われる。

こういった松居さんの行動はテンションが高く、破天荒であるといった印象を受けるが、統合失調症等の病気なのであろうか。


スポンサードリンク


◆松居一代は精神科医に見てもらった方が良いという声も…◆


松居一代さんの精神病が疑われる理由には、先ほどのパジャマでの外出以外にも、夫・船越栄一郎さんとの離婚騒動時の行動や、穴の開いた靴下を履くというものもあるようだが、そういった理由からも、精神科へ行って、精神科医に見てもらった方が良いのでは?と心配する声が上がっている様子。

ネットでは松居さんは統合失調症なのではないかと噂されているが、こちらの病気は、自信を失ったり、妄想や幻聴、眠れなくなるなどの症状があるようだ。

しかし、松居さんのブログを拝見する限り、彼女の行動にはそれなりの理由があり、必ずしも妄想などに取り付かれているとはいえないかもしれない。

確かに、松居さんは少し変わった部分もお持ちであると思うが、統合失調症と言いきれるかどうか、ということでは筆者個人的に、まだ断定はできないのではないかと思う。

なお、松居さん自身も、精神病であると公表はしておらず、精神科へも行かれていないと思われる。

◆考察・まとめ◆


松居一代さんが統合失調症であるのかは不明だが、筆者の知り合いにも、統合失調症を患っていた方がいたので、最後にその体験について、触れさせて頂きたいと思う。

その方は、常に誰かに監視され、誰かに悪口を言われているという妄想に取り付かれていた。さらに、自分の様々な個人情報をネットにさらしている人物がいるとも言っていた。

ただ、実際にそのような事実はなく、それを言ってもその人は全く理解できなかった。そして統合失調症の症状により不眠状態が続くことも多いとも言っていた。

精神科医により、処方された薬を飲まなければ精神のバランスを保てず、普段の会話も支離滅裂で、普通の人から見たら、理解するのは非常に困難だった。

ちなみに、その方とは今は音信不通の状態であるが、そういった体験を考えると、松居さんはショックな出来事により、精神的に少々不安定になることもあると思われるが、統合失調症といえるほどのものではないのではないか、と思うのが筆者の個人的な感想である。

ただ一方で、その他の精神病である可能性は否定できないとも思う。


スポンサードリンク


<松居一代の関連記事>
松居一代の居場所がツイッターで判明?89才のおばあちゃんは誰で何者なのかが謎…

松居一代 恐怖のノートの中身と内容を暴露!船越英一郎作「デスノート」の真相に唖然…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP