安倍昭恵の家系図でなぜ学歴コンプレックスを?専門学校卒なのが関係していたらしいが…

森友学園問題と関係があったのではないかと疑惑が持たれ、ネットからも注目を浴びている安倍総理夫人である安倍昭恵さんがであるが、なぜか夫人は学歴のコンプレックスを抱えているのではないかと噂されている。

ちなみに、夫人は専門学校卒だったというが、そのことが関係しているのだろうか。
学歴コンプレックスを持たれているとは、夫人の家系図からは想像がつかないが、一体なぜなのであろうか。


スポンサードリンク


◆安倍昭恵が学歴コンプレックスを抱えている!?◆


安倍昭恵さんは自身の学歴に対してコンプレックスを抱かれているとの噂があるとのことだが、まずは昭恵夫人の学歴について以下に挙げてみた。

・聖心女子学院初等科(小学校)
・聖心女子学院中等科(中学校)
・聖心女子学院高等科(高校)
・聖心女子専門学校(専門学校)

昭恵さんの最終学歴は専門学校卒となっており、その後「電通」に入社するも寿退社をされている。

そして、昭恵さんが学歴コンプレックスを持っているとの噂は本当のようで、その理由については過去に女性セブンの取材で、昭恵さん自身が劣等感を持っていることを明かされていたからだ。

ちなみに、その内容に関しては以下のように述べられている。

ファーストレディーとしていろいろな国の首脳の奥様たちとプロフィールを交換する時に、やっぱり向こうの方って、本当なのかっていうぐらいプロフィールが立派なんですよ。首脳夫人同士で会談する時も、専門的な知識がすごいし。その肩書の部分で、何となく圧倒されちゃうようなところがあったので

引用元:女性セブンより

要するに、昭恵さんはファーストレディとして活動するに当たり、各首脳夫人と会談することもあるので、その肩書きに圧倒されてしまうとのことだった。

しかし、前述させて頂いた学歴は、実は過去のもので昭恵さんは、2011年に立教大学大学院に入学されており、学歴のコンプレックスはすでに克服されているようだ。

ちなみに当時、なぜ昭恵さんが大学に進学せず専門学校卒だったのかというと、そこで得られる「専門士」という称号を得る為だったそうだ。


スポンサードリンク


◆安倍昭恵の家系図について◆


安倍昭恵さんの家系図は凄いということで知られているが、なんでも森永製菓の創始者・森永太一郎を祖父にもつ名家の家系であるとのことだ。

さらに、父親は森友太平で、元森永製菓の社長、つまり昭恵さんは、森永製菓の社長令嬢ということになる。
これだけでもとんでもない家系図であるが、安倍総理の夫人となることで、さらに凄いことになっている。

ちなみに、安倍首相及び昭恵夫人の家系図に関しては以下となる。

こちらを拝見する限り、この上なく物凄い家系図である。

しかし、各首脳夫人との会談と、この家系図の凄さこそが、昭恵さんが学歴コンプレックスを持つ大きな理由となっていたようだ。

◆考察・まとめ◆


安倍昭恵夫人は、森友学園問題で口利きに関わっていたのではという疑惑が持たれている。それはかつて、学園の名誉校長を務められていたことなども影響しているが果たして真相はどうなのであろうか。

昭恵夫人は、立教大学大学院を卒業されることで学歴コンプレックスを乗り越え、ファーストレディとしての立場も確立されているが、今後はさらなる困難が待ち受けているのかもしれない。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP