インキャラの特徴とは?見た目(顔)がかわいい女子なら恋愛対象になる!?

皆さんは、「インキャラ(陰キャラ」)あるいは「インキャ(陰キャ)」という言葉を聞かれたことがおありだろうか。

こちらは、略しているかいないかというだけで、どちらも同じ意味となるが、筆者自身も、学生時代の頃に「インキャ」と呼ばれることもあったものだ。

今回は気になる陰キャラの特徴。そして、顔や見た目がかわいい陰キャラの女子は、男子から見て恋愛対象になりうるのか?ということについて見ていきたいと思う。

インキャラの特徴について

「インキャラ(陰キャラ)」の特徴として一般的によく言われているものには以下のようなものが挙げられる。

・根暗である

・妄想癖がある

・自らに劣等感を抱いている

・恋愛経験があまりない

・いじめの対象にされることがしばしば

・スポーツが苦手

・人と話すのが苦手

・似たようなタイプの友達と連んでいる

・まじめで人が良く、他人に利用されやすい

・引きこもりとまではいかないが、家に閉じこもりがち

・アニメ・ゲーム・漫画が好き(過度にはまる)

・服装・髪型などが地味(オシャレにはあまり気をつかわない)

などなど、挙げればきりがないほどであるが、このような特徴は、努力や工夫しだいである程度、改善できる場合があるので、そこまで重く受け止める必要はないと思う。

インキャラの特徴に当てはまると言って、ただマイナスに受け止めるよりは、自らが成長するチャンスと捉えて、改善に取り組むのがベストであるかもしれない。

また、解釈の仕方によっては、マイナスと思われるような要素も、プラスになることもあるので、一概にインキャラの特徴が悪いとも言いきれない。


スポンサードリンク


インキャラでもかわいい女子は恋愛対象?

 

「陰キャラ」という言葉は、どちらかというと悪いイメージであるというのが一般的だが、見た目がかわいい女性の陰キャの場合はどうなのであろうか?

そちらについて調べてみたところ、たとえ陰キャラと呼ばれるような性格の方であったとしても、男性側はあまり気にしないという意見が多いようだ。

というのも、女性の場合、顔などの見た目が、かわいい人であれば、性格に関わらずモテる傾向にあるからだ。

それは、男性は女性の性格などの中身よりも、顔を含む外見の方を重視する傾向にあるからだ。

ただ、全くの無愛想であったり、性格が度を越して悪かったりすると、男性側も引いてしまい、近寄りにくくなってしまう可能性はあると思う。

なので、あまり人と話せず、多少暗い性格であったとしても、笑顔を心がけたり、オシャレをしたり、ある程度の愛想の良さを身に付ければ、男性に恋愛対象として見てもらえる可能性は十分にあると思う。


スポンサードリンク


そもそも「インキャラ」って何?

 

陰キャラについては、筆者自身の体験や調べた情報を元に前述させて頂いたが、そもそも「インキャラ(陰キャラ)」とは何なのであろうか?

インキャラについては、どうやら大まかには2種類の意味があるようで、まず1つ目は、「陰気」と「キャラクター」を掛け合わせて生成された「造語」であるとのこと。

つまり、簡単にいうと、陰気なキャラクターということのようだ。

そして、2つ目の定義としては、「インドア」を「キャラクター」を掛け合わせたもので、スポーツをするよりも、自宅でゲームをしたり、漫画を読むことを好む人のことを指すようだ。

さらに、家からあまり外出しないというだけでなく、学校などの休み時間の間に、人と話すことなく、自らの殻に閉じこもりがちな人とのことも、インキャラと呼ぶことがあるとのこと。

しかし実際には、明確な定義というものは存在せず、1つ目と2つ目の両方の意味を合わせて、「陰キャラ」と呼ばれることもあり、どちらかといえば、その場その場で、意味合いは変わるといった方が正しいかもしれない。

ただ、いずれにしても、ネガティブな意味合いをもって用いられる事が多く、褒め言葉として使われることはあまりなさそうだ。

考察・まとめ

 

筆者も学生時代は、よく「陰キャ」などと呼ばれていたものだが、個人的にそのようなものは全く気にする必要はないと思っている。

それよりも、自分の人生において明確な目標やミッションを持ち、それに向けてひたすらこと行動することの方が重要であると思っている。

そうすると、生きることが楽しくなり、いつの間にか自信も身に付いていき、自然と輝きを放つようになる。

なので、周りの人間がなんと言おうが、自らの信念を貫くことで、インキャラであるとかないとか、そのような次元を通り越し、いつか人に憧れられるような素晴らしい人間になれるのではないだろうか。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP