井村雅代の血液型とスパルタについて。小谷実可子は脱落せずシンクロでメダルを獲得し現在はコメンテーターに!!

リオデジャネイロ五輪にて2人の選手を、

シンクロの競技でメダルに導いた井村雅代ヘッドコーチ。

そんな井村さんの指導方式は、

かなりの”スパルタ”であるとして知られている。

また井村さんが以前に指導した選手に

小谷実可子さんがおられるが、彼女もまた厳しい指導に耐え、

脱落せずに五輪でメダルを獲得されており、

現在はコメンテーターとしてご活躍されているようだ。

小谷さんがメダルを獲得された時も、

井村コーチが携わっておられたとのことだが、

今回はそんな井村コーチの指導方法から、

血液型にも迫ってみたいと思う。


スポンサードリンク


井村雅代のスパルタ方式

井村雅代ヘッドコーチの指導方式が、

スパルタであるということで話題になっているが、

実際にはいかなるものであるか。

それについては日刊スポーツにより紹介されていたが、

その内容によると以下のようになっている。

・一日の平均時間はなんと、12時間以上。

・16日間の合宿が行われた場合に休みは1日のみで、さらにその日も自主トレなどが行われる。

・馴れ合いを除外する

ちなみに、井村コーチのスパルタ指導のすさまじさに、

耐え切れず脱落し、辞退される方も

おられたとのことだが、やはり世界という舞台で戦うには、

徹底した猛特訓と、妥協しない厳しさというものが、

求められるのであろうか。

ただ、井村コーチのスパルタはただ単に厳しいだけではなく、

メダルを取らせてあげたいという

愛のあるスパルタであるともいわれている。

ということはつまり、本当の優しさとは、

厳しさの裏にあるということなのか、奥が深いものだ。


スポンサードリンク


井村コーチの血液型は?

次に、シンクロのコーチ・井村雅代さんの血液型についてであるが、

こちらに関しては、色々と調べてみたが不明であった。

ただ、筆者の勘では「A型」か「O型」あたりではないかと思う。

ちなみに、「A型」の特徴に、堅実でかつ真面目であるというものがあり、

「O型」の特徴には、現実主義で、野心家、

リーダーシップというものがある。

どちらも当てはまるような気がするが、

井村コーチは、選手たちを率いて指導し、

メダルへ導いているところを見ると、

リーダーシップにかなり長けていると見受けられる。

なので、どちらかというと「O型」なのかもしれない。

ただ、一概に血液型で性格が決まるというわけではないので、

あくまで、ご参考までにお願い頂ければと思う。

小谷実可子もメダルをゲット!

井村雅代コーチが指導した方に、

小谷実可子さんがおられたとのことだが、

小谷さんは、1988年のソウルオリンピックにて、

田中ウルヴェ京さんとシンクロのデュエット種目で、

銅メダルを獲得されている。

ちなみに、小谷実可子さんはコメンテーターとしてご活躍される他、

リオデジャネイロ五輪の閉会式、

「フラッグハンドオーバーセレモニー」の

検討メンバーに就任されるなど、リオ五輪にも

携わっておられたとのことだ。

考察・まとめ

井村雅代コーチは本当に厳しい指導を

されておられるのだと思うが、

やはりそれは、選手にメダルを取らせたいという

思いから来るものであると思う。

そしておそらくそれは、脱落することなく、

最後まで信じ、ついていった者だけが、

心から実感するものであるかもしれない。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP