月食バーガーの読み方は?月見バーガー2017にうさぎバンズの姿はなかった…!

マクドナルドで2017年9月29日より新たに販売が開始された「月食バーガー」。

こちらは、大人気となっている月見バーガーシリーズの一つとなっているが、実は月食バーガーが発売される前は、「うさぎバンズ」のバーガーが新しく販売されるのではないかと、期待の声が高まっていた。

しかし、実際に販売されたのが月食バーガーで、うさみみのバンズではなかったのだ…!

筆者もその事実に少々がっかりしたのではあるが、今回は、月食バーガーの気になる読み方や、ウサギバンズについて見ていきたいと思う。


スポンサードリンク


月食バーガーの読み方はコレだ!!

 

次に、「月食バーガー」の読み方についてであるが、こちらは最初筆者も、戸惑ったものだ。

しかし、実際に月食バーガーを注文する際に、月に起こる現象である「月食(げっしょく)」と呼ぶ読み方と同じだろうと予想し、店員の方に「げっしょくバーガー」をお願いしますと言った。

すると、店員さんも、「かしこまりました!!げっしょくバーガーですね?」と聞き返して頂いたので、読み方は「げっしょく」で正解のようだ。

ちなみに、マクドナルドの公式動画でも「げっしょく」と紹介されていた。

月見バーガー2017の「うさぎバンズ」について

 

月見バーガーシリーズに、うさぎバンズのものが発売されるのではいかと、話題になった背景には、以下のマクドナルド公式ツイッターによるツイートが原因となっているようだ。

こちらの画像を見るとあたかも、うさみみの形をした「うさぎバンズ」が販売されるものと思ってしまいがちだが、実際に販売されたのは以下の通常の形をした「月食バーガー」というハンバーガーだった…。

この事実により、多くの方々がショックを受けられたのではないだろうか。

かくいう筆者も想定外というか、これにはさすがに、一本取られたものだ。

ちなみに、うさぎバンズのものについては、広告の宣伝用に販売されたもので、残念ながら販売の予定はないとのことだ。

それはおそらく、月見うさぎバーガーを大量に生産するとなると、専用の機械を各店舗に設置しないといけないこともあり、かなりのコストがかかってしまうからだと思われる。

なので、マクドナルド側の意図としては、うさみみの形をしたバーガーのイメージをもって、月食バーガー含む、月見バーガーを召し上がってほしい、ということなのではないだろうか。


スポンサードリンク


うさぎバンズが諦められない…!そんな時は?

 

筆者自信も2017年に「うさぎバンズ」が登場することに期待していた一人であったので、実際にうさみみでなかったことにはショックを受けたものであるが、実はマクドナルド以外にもウサギの形をしたパンというものがあるそうだ。

そちらについては、以下ご覧頂きたいと思う。

こちらの「うさぎバンズ」及び、「うさぎ食パン」が販売されているお店の名前は「ベーカリー兎座LEPUS (ベーカリー ウサギザ レプス) 」といい、とても人気のある店のようだ。

場所は、「東京都杉並区梅里1-15-13 1F」で、最寄駅は新高円寺駅となっている。

営業時間は、水曜日~日曜日の10時00分〜19時00分となっているが、2017年10月29日(日)は臨時休業であるそうなので、ご注意頂きたいと思う。

なお、店の詳細については、「ベーカリー兎座LEPUSのウサギぱん日和」のブログや、「食べログ」のサイトにてご確認頂ければと思う。

ベーカリー兎座レプスで販売されるウサギ型のパンは見た目がかわいいだけでなく、味も抜群においしいとのことなので、ご興味がおありの方は、一度足を運んでみてはいかがだろうか。


スポンサードリンク


<月見バーガーの関連記事>
月見バーガー2017!クーポン券の番号や口コミ・感想についても調べてみた!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP