クローバーコインに被害者の会がある?チャートや初値にも注目が集まる!!

今、かなりの注目を集めつつある48ホールディングス株式会社により考案・作成された「クローバーコイン」。

中には、こちらをご購入されたという方もおられるのではないかと思う。

ちなみに、ネット上では、同コインに関して「被害者の会」が立ち上がっているのではないか?との噂もあるようだが、本当なのであろうか…。

今回は、注目の集まる同コインのチャートや、初値についても迫ってみたいと思う。


スポンサードリンク


クローバーコインに被害者の会が発足したってマジ!?

 

48ホールディングス(株)や、クローバーコインに対して、「被害者の会」が存在しているという噂があるが、調べてみたところ、真相の程は不明であった。

ただ、クローバコインに対しての評判はとても悪く、それは、Yahoo!知恵袋やツイッターなどのSNSで調べてみるとお分かりであると思うが、中には詐欺に合ったと被害を訴えられている方もおられる。

そうなると、表ざたにはまだなっていないものの、「被害者の会」が存在している可能性はありそうだ。

ちなみに、実際にクローバコイン自体が、詐欺であるのかどうかは不明であるが、紹介者によっては、違法な勧誘を受けて、騙されたという方も、もしかしたらおられるのかもしれない。

クローバーコインのチャートと初値について

 

クローバコインについては、6月24日のグランドオープン時に初値「50円」が発表されてから、2ヶ月ちょっと経っているが、今のところ、値上がりや値下がりはしておらず、初値「50円」のまま留まっている。

そして、チャートについても、まだ公開されていない状態となっているようだ。

ちなみに、コインの枚数を600枚持っている場合は、600枚×50円=30000円となり、こちらが資産価値となるようだ。

なお、クローバーチャートに関しては発表され次第、更新させて頂きたいと思う。


スポンサードリンク


クローバコインの中田義弘氏について

 

クローバーコインの話をセミナーや、紹介者の人から聞くときに、ほぼ必ずといっていいほど、耳にするであろう人物、それが、48ホールディングスの取締役、「中田義弘」氏。

同氏に関しては、クローバコインと同様に、ネットではあまり良い噂は流れていない。

中には、同氏は詐欺師であり、警察により逮捕されてしまうのではないか、といったような噂まで流れているが、それについては、はっきりとした根拠に基づくものではなく、あくまで憶測にとどまっている。

しかし、なぜそのような悪い噂が流れるのか?ということについては、以下のことが挙げられる。

・「パラオの航空会社のオーナー」

・「NTTドコモを発足させた人物」

・「日本初、ビットコインを運んだ人物」

上記の項目について、ネット上では、”嘘”であるとの指摘がなされており、中田氏は、パラオのオーナーでも、ドコモを立ち上げた人物でも、ビットコインを持ち込んだ人物でもないとのことだった。

それについて、調べてみたところ、少なくともネットにある情報では、上記3項目に、中田氏が該当するという情報は見つけられなかった。

さらに、6月24日に行われたクローバコインのグランドオープンのときに、芸能人の名前を勝手に使用し、贈花したとの疑惑も持たれているようだ。

ちなみに、花を贈った芸能人に「猫ひろし」さんの名前もあったそうだが、猫さんはツイッターを通して否定していたそうだ。

ただ、これについて気になるのは、猫さんは、そのツイートをすでに削除されている様子。

それは、なぜだったのであろうか…。

考察・まとめ

 

クローバーコインについては、今のところ謎な部分も多く、この先どうなるのか、というのは今のところなんともいえない。

ちなみに、ビットコインを運んだのは、中田義弘氏ではなく、「サトシ・ナカモト」氏という人物だとの指摘もあるが、その「サトシ・ナカモト」という名前については、本名ではなく、偽名ではないかとも言われおり、その正体は不明となっているのだ。

そうなると、そのサトシ氏の正体が、中田氏であった可能性も、ゼロとは言い切れないかもしれない。

果たして、今後クローバーコインはどうなるのか、そして、ビットコインを最初に日本で広めたのは、中田氏であったのか、そして猫ひろしさんのツイート削除の謎。

これらのことについては、非常に気になるものだ。


スポンサードリンク


<クローバーコインの関連記事>
クローバーコインのウォレット・トークンアプリへのログイン方法とは?アプリの開き方について解説!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

新着記事

PAGE TOP