C&K「Y」の歌詞が実話で意味は小林麻央と似てる?紅白の可能性に期待される話題のボーカルユニットに迫る!

朝テレビをつけてみると、情報番組バラエティ番組「スッキリ!!」にC&Kという、今、物凄い人気を博しているボーカルユニットが出演していたので、今回は、C&Kについて書き綴っていきたいと思う。

スッキリでは、同ボーカルユニットが歌う「Y」という曲が紹介されていたが、なんでもこちらの曲は実話であるそうで、その歌詞の意味は、故・小林麻央さんと夫・市川海老蔵に起きた出来事と似ているのではないかという声も上あるようだ。

さらに、紅白歌合戦の可能性に「ウザイ」や、「無理」という声も浮上しているが、それだけ勢いのある期待のアーティストということなのかもしれない。

ちなみに、C&Kは「Clievy(クリビー)&Keen(キーン)」の略で、2人組みのボーカルユニットとなっており、それぞれの本名は、クリビーが「関一(せき はじめ)」さん、キーンが「池田泰盛(いけだ たいせい)」さんとなっている。


スポンサードリンク


◆C&Kの曲「Y」の歌詞は実話!意味は小林麻央と似ている!?◆


C&Kが歌う「Y」という曲の歌詞については、歌ネットで公開されているので、そちらもご覧頂ければと思うが、筆者も拝見したところ、とても切なく感動するような内容だった。

なお、その動画に関しては以下のようになる。

「C&K OFFICIAL VEVO CHANNEL」より

「Y」で歌われている歌詞は実話であり、実際の体験を元に書かれているものであるという情報があった。

さらに、その歌詞はまるで、乳がんでお亡くなりになった小林麻央さんと、その夫、市川海老蔵さん事を歌っているかのようだという声もあるが、実際その意味とはどのようなものであろうか。

その歌詞を見てみると、2人の出会いから、恋愛、日々の出来事、などが書かれていた。しかし、幸せの絶頂と時に、「絶望」が訪れ、最後のほうでは、「キミの手は細くなって…」、「キミは笑い。何かを言いかけて目を閉じた」とあった。

これはおそらく、病気になって体が弱り、最後には息を引き取られたことを表していると思われる。

小林麻央さんも息を引き取られる前は、海老蔵さんに対し、声にならないような声でかすかに、「愛している」という言葉を発したとのことだったが、確かに、「Y」はまるでお二人のラブストーリーを歌われているかのような歌詞であると思う。

ちなみに、「Y」の作詞は、C&KのCLIEVY(クリビー)さんが、されているということだが、彼の実話(体験)を元に書かれた歌詞なのだろうか。

そして、実際にはどのような意味や思いが込められているのかが気になるものだ。


スポンサードリンク


◆C&Kの紅白出場の可能性に「ウザイ」「無理」という声も?◆


C&Kは、あまりにも凄い勢いぶりから、2017年の紅白歌合戦に出場するのではないかという、その可能性に期待する声も多く上がっているようだ。

ちなみに、スッキリの司会・加藤浩次さんも、C&Kが紅白に出場しなかったら、自分は紅白を見ないと言っておられるほどだ。

一方で、C&Kの紅白出場に対し、「ウザイ」、「無理」というような意見も存在するようだ。

しかし、こういった批判の声というのは、人気の裏返しであるので、それだけ物凄く勢いがあり、本当に紅白出場する可能性があるからといえよう。

また、実際には彼らの歌や曲に対し、「ウザイ」というより、感動のあまり涙したという意見が多く、紅白に関しても無理とは言わず、出てほしいという意見の方が多いようだ。

◆考察・まとめ◆


C&Kの曲を聴いた一番の印象としては、CLIEVY(クリビー)さんのハイトーンボイスであるが、まるで女性のように高く、どのようにしてあそこまで高い声が出せるのかが気になったものだ。

そして、そのハイトーンを駆使したハーモニーの美しさはなんともいえないものがあり、聴く者を魅了し、幻想的な世界に引き込まれるような感じにさえなった。

筆者個人的にも、C&Kには是非とも紅白歌合戦に出場して頂きたいと思う。ということで、今後も彼らを応援しつつ、注目していきたい。


スポンサードリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP